監察医朝顔ー神野三鈴画像

監察医朝顔第4話(ドラマ)救命医の小野寺役は誰?神野三鈴とは


ドラマ『監察医朝顔』は、2019年7月期の月9ドラマです。

主演は上野樹里さんで、新米監察医・万木朝顔を演じています。

第4話では予想外の事態から朝顔が解剖中に倒れてしまい、救命医の処置を受けることになります。

その救命医が小野寺です。

小野寺医師役を演じるのは誰でしょうか。

 

監察医朝顔の動画や見逃し配信はこちらをクリック

スポンサーリンク





 

監察医朝顔第4話の救命医の小野寺役は誰

 

ドラマ『監察医朝顔』第3話のエンディングで、朝顔と刑事の桑原は変死体が見つかったと連絡を受け、アパートに行きます。

 

するとそこには女子大生の遺体があり、そばには空になった薬瓶がありました。

 

唇の様子から朝顔は薬物を疑いました。

 

そして、その場で女子大生の唇を綿棒で拭い、その綿棒で10円玉を擦ってみると反応がありました。

 

それが示しているのは、青酸化合物を摂取した可能性があるということでした。

 

現場では断定できないため、遺体は朝顔の勤める興雲大学の法医学教室に運ばれて解剖されることになります。

 

ですが、解剖中に想定外の事態が起きるようです。

 

遺体から揮発性の毒ガスが発生するのかもしれません。

 

遺体そばで作業していた朝顔は意識を失い、倒れてしまいます。

 

そして運ばれた病院で朝顔の手当をしたのが救命医の小野寺です。

 

小野寺役は神野三鈴さんが演じます。

 

監察医朝顔ー神野三鈴画像
 

小野寺先生は、朝顔が倒れたときの様子と周りの状況を聞いた上で的確な処置を素早くし、朝顔を救ってくれるはずです。

 

遺体を解剖し、死因を救命する監察医と、患者の様子から的確な処置をして命を救う救命医、立場こそ違うものの誰かを救うために働く2人には、共感するものがあるのでしょう。

 

スポンサーリンク



 

救命医の小野寺役の神野三鈴とは

 

救命医の小野寺役の神野三鈴さんは、数多くの舞台を始め、ドラマや映画にも出演する演技派女優です。
読み方:かんの みすず
生年月日:1966年2月25日
出生地:神奈川県鎌倉市
身長:168 cm
血液型:A型
 

神野三鈴は、舞台を中心に活躍しています。

 

私生活では、ピアニストの小曽根真さんと結婚しています。

 

小曽根真さんは、ピアニストとして評価が高いだけでなく、お話もとても上手な方ですよね。

 
 


 

神野三鈴さんの出演作は次のとおりです。

 

ドラマ:
「Dr.コトー診療所」
「せいせいするほど愛してる」
「小さな巨人」
「先に生まれただけの僕」
「ブラックペアン」など
 

『せいせいするほど愛してる』では、主人公・未亜の上司のキャリアウーマン・向井雅代を演じていました。

 

スタイルもかっこよく、まさに頼れる上司でした。

 


 

嵐の二宮和也さんが主演の『ブラックペアン』では、看護師長の藤原を演じていました。

 

佐伯教授と共に、主人公の渡海が関与した昔の手術の件を知っており、それを隠していました。

 

佐伯教授のことを心配しつつ、渡海や他の看護師が昔の手術の件を探らないよう注意していました。

 

はっきりとした告白はありませんでしたが、佐伯教授を本当に大事に思っていることが感じ取れました。

 


 

神野三鈴は、セリフがなくとも、表情や仕草でキャラクターの感情を表せるような女優さんだと思います。

 

『監察医朝顔』で、神野三鈴さんが、主人公の命を救う救命医です。

 

緊迫した中で、人の命を救う役は、神野三鈴さんにぴったりなのではないでしょうか。

 

ドラマ『監察医朝顔』は、主人公が監察医として成長していく姿を描いています。

 

迫る危機から、主人公の万木朝顔を救い出してくれるのが、小野寺です。

 

どんなシーンになるのか楽しみです。

 

監察医朝顔の動画や見逃し配信はこちらをクリック

 

キャスト・登場人物一覧とあらすじはこちらです↓

監察医朝顔(ドラマ)キャスト・登場人物相関図一覧!あらすじと原作の違いは?

 

スポンサーリンク


監察医朝顔ー神野三鈴画像
最新情報をチェックしよう!