監察医朝顔ー石田ひかり画像

監察医朝顔の母親・万木里子役の女優は誰?石田ひかりとは


ドラマ『監察医朝顔』は、2019年7月からスタートした月9ドラマです。

主演は上野樹里さんで、新米の監察医の万木朝顔を演じます。

万木朝顔は、監察医としてだけでなく人間として遺体に真摯に向き合っていきます。

その行動の原動力となっているのが、東日本大震災で行方不明になった母親・万木里子です。

そんな万木里子役を演じるのは誰でしょうか。

監察医朝顔の動画や見逃し配信はこちらをクリック

スポンサーリンク




監察医朝顔の母親・万木里子役の女優は誰

 

『監察医朝顔』の主人公の万木朝顔は、神奈川県の法医学教室に勤める新米法医学者です。

 

彼女には、新米らしからぬ技量と熱意がありました。

 

どんな遺体にも真摯に向き合い、なぜ亡くなったのか、亡くならなければいけなかったのかを追求します。

 

朝顔には愛情を持って相手のことを知りたいという気持ちがありました。

 

生きている人はもちろん、亡くなった方に対してもです。

 

そんな温かい気持ちを持つ朝顔を育てたのが、母親の万木里子です。

 

里子は東北出身の女性で、深い愛情を持って朝顔に接していました。

 

だからこそ、朝顔も人に対して愛情を向けられる女性へと成長しました。

 

この朝顔の母親の万木里子役を演じるのは、石田ひかりさんです。

 

監察医朝顔ー石田ひかり画像
 

 

しかし、監察医となった朝顔のそばに里子はいません。

 

里子は、東北大震災の際に朝顔と帰郷し、行方不明になったままだったからです。

 

「遺体が見つからない」というのは朝顔にとっては悲しむ対象もなく、どうしようもない状態です。

 

だからこそ、日々向き合う遺体から、その人の声なき声を聞きこうと真剣に取り組んでいるのでしょう。

 

里子は、地震が起きた時、実家のある山の方の坂を登っている途中でした。

 

ですが、海に近いお店にいたおばさんの避難を助けようと戻ってしまったのです。

 

朝顔には、先に実家に行くように言いました。

 

そして、「あとはよろしくね」と言い残し、朝顔の前から姿を消してしまいました。

 

朝顔にとっても、父の平にとっても、大切な大切な人でした。

スポンサーリンク



 

万木里子役の石田ひかりとは

 

万木里子役の石田ひかりさんは、朝ドラヒロイン出身のベテラン女優さんです。

 
生年月日:1972年5月25日
出生地:東京都
血液型:A型
 

石田ひかりさんは、街でスカウトされて芸能活動を開始しました。

 

同時期に姉の石田ゆり子さんも、スカウトされ、同時期に活動をはじめました。

 

アイドル歌手時代もありました。

 


 

そして、朝ドラ『ひらり』で相撲好きのヒロインを演じました。

 


 

私生活では、NHKのプロデューサーで『あまちゃん』や『いだてん』の制作をしている訓覇圭さんと結婚して、二女のお母さんでもあります。

 

石田ひかりさんの出演作は次のとおりです。

ドラマ:
「コウノドリ」
「掟上今日子の備忘録」
「嫌われる勇気」
「屋根裏の恋人」
「今からあなたを脅迫します」
「スーツ」など
 

『コウノドリ』では、妊娠中に風疹になったために生まれた子が視覚障害を持ったという女性・瀬戸加奈子を演じていました。

 

娘がテレビの取材を受けることに悩む母親で、自分が妊娠中に風疹にかかってしまったことを後悔していました。

 

さらに、上品な雰囲気で、優しいいいお母さんでした。

 


 

『スーツ』では、主人公たちの弁護士事務所に依頼に来る「YURI綜合会計事務所」の所長・華村を演じていました。

 

困ったことがあると相談してきた上品な女性でしたが、実はダミー会社を作って脱税をしているやり手女性でした。

 


 

ドラマ『監察医朝顔』では、石田ひかりさんは主人公の亡くなった母親の役で登場します。

 

石田ひかりさんが登場するときは、主人公が母のことを思い出すときで、いつも笑っています。

 

石田ひかりさんは笑顔が似合うので、とても素敵だと思います。

 

どんなシーンになるのか楽しみです。

 

監察医朝顔の動画や見逃し配信はこちらをクリック

 

キャスト・登場人物一覧とあらすじはこちらです↓

監察医朝顔(ドラマ)キャスト・登場人物相関図一覧!あらすじと原作の違いは?

 

スポンサーリンク

監察医朝顔ー石田ひかり画像
最新情報をチェックしよう!