ボイス110緊急指令室ーソニン画像

ボイス110緊急指令室第5話母親の一ノ瀬奈央役は誰?ソニンとは


ドラマ『ボイス』は、2019年7月から放送されているタイムリミットサスペンスドラマです。

主演は唐沢寿明さんで、緊急連絡をしてきた被害者を様々な情報から居場所を突き止め救うというストーリーです。

第5話では子供から緊急連絡がかかってきます。

その子供の母親が一ノ瀬奈央です。

一ノ瀬奈央役を演じるのは誰でしょうか。

 

ボイスの動画や見逃し配信はこちらをクリック

 

スポンサーリンク





 

ボイス110第5話:母親の一ノ瀬奈央役は誰

 

ドラマ『ボイス110緊急指令室』の主人公の樋口彰吾と橘ひかりは、3年前に樋口は妻を、橘は父を同一犯に殺されました。

 

その事件の犯人を知っているという新田が殺されたことで、警察内部に真犯人の協力者がいるのではと考え始めした。

 

そんな時、緊急指令室に新たな通報がはいります。

 

通報してきたのは、一ノ瀬渉という6歳の子供でした。

 

渉は、母親に刺されて洗濯機に隠れていると言います。

 

渉と話し始めた橘ひかりが「家はどこなのか」と質問しますが、渉は外出したことがないため自分がどこにいるのか、そして母親の名前すらわかりませんでした。

 

電話からは、渉を探し回る狂気じみた母親の声が聞こえてきます。

 

この声の持ち主が、一ノ瀬奈央です。

 

一ノ瀬奈央役を演じるのは、ソニンさんです。

 

ボイス110緊急指令室ーソニン画像
 

普通、6歳といえば幼稚園や保育園、もしくは小学校に上がっていてもおかしくない年齢です。

 

しかし、渉は外出したことがないといい、母親の名前さえ知らないと言います。

 

これは異常な環境に身を置いているとしか考えられず、母親の奈央が普通ではないのでしょう。

 

なぜそのような状況になってしまっているのでしょうか?

 

奈央の渉への態度は、あまりにも執拗で、狂気じみています。

 

彼女も、なにか子供の頃につらい状況にいたのかもしれません。

 

最悪の事態になる前に、なんとかしてほしいです。

 

一ノ瀬奈央役のソニンとは

 

一ノ瀬奈央役のソニンさんは、デビュー当時は歌手として活動していました。

 
生年月日:1983年3月10日
出身地:高知県
血液型:O型
 

ソニンは、「EE JUMP」というグループのメインボーカルとしてデビューしました。

 

シングルの「おっととっと夏だぜ」がヒットしますが、もう1人のメンバーが失踪事件を起こしたことでグループは解散となり、ソロで活動することになります。

 


 

歌手活動と共に女優活動もスタートし、ドラマや映画に出演しています。

 

ドラマ:
「高校教師」
「元カレ」
「いちばん暗いのは夜明け前」
「はつ恋」
「そこをなんとか」など
映画:
「空中庭園」
「バックダンサーズ」
「蛇にピアス」
「ゴールデンスランバー」
「綱引いちゃった」など
 

EE JUNP時代は元気一杯の女の子といったイメージで、女優になるとは思っていませんでした。

 

『高校教師』では、ホストにのめり込む女子高生を演じており、セクシーなスタイルのソニンらしいキャラだったと思います。

 


 

 

そして、映画『バックダンサーズ』では、4人いるメンバーの中では一番色っぽい役で、実は子持ちという意外なキャラを演じていました。

 


 

『ボイス110緊急指令室』で、ソニンさんが演じるのは、狂気じみた異常な母親です。

 

今までの出演作とは全く違う演技が見られると思います。

 

とても楽しみにしています!

 

ボイスの動画や見逃し配信はこちらをクリック

 

キャスト一覧はこちらです↓

ボイス110緊急指令室(日本ドラマ)キャスト・ゲスト一覧!

 

スポンサーリンク


ボイス110緊急指令室ーソニン画像
最新情報をチェックしよう!