なつぞらイメージ画像

なつぞら第122話ネタバレあらすじ:麻子さんが始めた会社とは


朝ドラ『なつぞら』の第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」第122話は、なつと坂場を訪ねてきた麻子さんと3人で、再会を喜び合います。

マコさんに日本に戻ってから、会社を立ち上げていました。

どんな会社なのでしょうか?

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第21週122話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第21週第122話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

麻子(貫地谷しほり)が日本に帰ってきた。

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)を訪ねてきた麻子を自宅に招き入れ、三人は久しぶりの再会を喜ぶ。

麻子はアニメーションの世界に戻り、製作会社を立ち上げていた。

準備を進めている麻子は、一緒にテレビ漫画を作らないかと坂場に持ちかける。

同じくアニメーションの世界へ戻りたい坂場にとっては、麻子からの誘いは願ってもないはずだが、坂場は黙り込んでしまい…。

 

スポンサーリンク


麻子さんが始めた会社とは

 

建築家の旦那さんと一緒にイタリアに行っていた麻子さんが、日本に戻ってきていました。

 

麻子さんは、会社を立ち上げていました。

 

その会社とは、当然ながらアニメーションの制作会社でした。

 


 

日本屈指のアニメーターだった麻子さんの経歴や才能を考えれば当然のことです。

 

麻子さんが坂場家になつと一久を訪ねてきたのは、一久さんを会社に誘うためでした。

 


 

麻子さんは、東洋動画時代、一久と何度も対立し、言っていることがよくわからないと言っていましたよね。

 

ですが、一久の才能は認めていたのですね。

 

麻子さんは懐が深いです。

 


 

ただ当の一久が二の足を踏んでいるのは、なぜなのでしょうか?

 

やっぱりなつの仕事と生まれてくる赤ちゃんのことを考えているのかな。

 

一久さんは、なつが仕事を続けることを支えるつもりでしたからね。

 

アニメーションに関わるとのめり込んでいく自分の性格を熟知しているのでしょう。

 

それでも、アニメーションを作る夢は諦めないはずです。

 

現状と自分の夢の間で、一久さんは、悩むことになるでしょう。

 

そのとき、なつがどんな言葉をかけてあげるのでしょうか。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!