なつぞらイメージ画像

なつぞら第124話ネタバレあらすじ:なつの出産直前やってきたのは誰?


朝ドラ『なつぞら』の第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」第124話は、なつの出産が間近に迫ってきました。

なつだけでなく夫の坂場一久も不安をつのらせているようです。

そんな中、突然2人の家に訪ねてきた人たちがいました。

これはいったい誰なのでしょうか。

予想が付きますけどね。

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第21週124話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第21週第124話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

なつ(広瀬すず)がお腹の痛みを訴えた時、玄関の呼び鈴が鳴る。

慌てて坂場(中川大志)が戸を開けると、富士子(松嶋菜々子)の姿が。

さらに、剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)までもが十勝からはるばる駆けつけてきたのだった。

いったん痛みが治まったなつは、久々に富士子らとともに食卓を囲み、和やかな時間を過ごす。

そんな時、富士子から夕見子(福地桃子)について思わぬ知らせを受け…。

 

 

なつの出産直前やってきたのは誰?

 

いよいよなつのお産のときが近づいてきました。

 

なつだけでなく、夫の坂場一久さんも不安でいっぱいだと思います。

 

そんな時2人の元へやってきたのは、富士子、剛男、そして泰樹でした。

 

北海道の十勝からはるばる3人でやってきてくれたのです。

 

頼もしい父と母、そして祖父の登場に、なつがどんなに安心したのかは、想像できますね。

 

富士子は、出産経験者ですから、どんな気持ちになるか、何が必要なのかをよくわかっていると思います。

 

その経験を生かして、なつを支えてくれることでしょう。

 


 

剛男と泰樹は、具体的に何かをしてくれるかというより、心の支えになるのかなあ。

 

なんとなく剛男が一番頼りない気がしますが。

 

そして、妻を支えようとがんばっている一久さんにとっても、頼りがいのある助っ人の登場だったと思います。

 

一久さんにも、3人の存在は大きいですよね。

 

一久さんは、なつが安心して出産に望むこと願っていたと思うので、本当にありがたく思っていると思います。

 

なつは周りの人に恵まれていますね。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!