ボイス110緊急指令室ー手塚とおる画像

ボイス110(日本ドラマ)顎をカチカチ鳴らす男役は誰?手塚とおるとは


ドラマ『ボイス110緊急指令室』は、2019年7月から放送の連続ドラマです。

主演は唐沢寿明さん。

3年前に妻を惨殺された刑事・樋口彰吾役を演じています。

樋口は、緊急指令室に新設されたECUの配属となりました。

そこで、とある事件をきっかけに3年前に妻を殺した顎をカチカチ鳴らす男に近づいていきます。

樋口彰吾が「かちかち野郎」という男の役を演じる俳優は誰でしょうか。

 

ボイスの動画や見逃し配信はこちらをクリック

 

スポンサーリンク





 

ボイス110(日本ドラマ)顎をカチカチ鳴らす男役は誰

 

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第4話で、森下葵を誘拐した犯人・新田が、緊急指令室室長の橘ひかりの父を3年前に殺した犯人を目撃していると言いました。

 

そのことを橘は、緊急指令室に自らが設立したECUのリーダーの樋口彰吾に教えます。

 

樋口彰吾も、橘ひかりの父を殺した人物に妻を殺されていたからです。

 

樋口と橘は、新田の乗った警察署の強行犯係のパトカーに着いていきます。

 

すると、強行犯係のパトカーは、著に戻る途中でガソリンスタンドに立ち寄ります。

 

そこで、新田が一人でトイレに入っている時に、3年前に橘の父親と樋口の妻を殺した犯人の特徴である顎をカチカチ鳴らす人物が現れます。

 

この男は、手錠を外して窓から逃げようとする新田に襲いかかりました。

 

そして、薬物を新田の口に流し入れ殺害しました。

 

凶行に及んでいるその時、男は面白そうにカチカチと顎を鳴らしていました。

 

樋口や橘、そして刑事たちが駆けつけると、あらかじめ用意していた脱出ルートから素早く逃げてしまいました。

 

この顎をカチカチ鳴らす男役を演じているのは、手塚とおるさんです。

 

ボイス110緊急指令室ー手塚とおる画像
 

 

この顎をカチカチ鳴らす男は、まだ警察に特定されておらず、名前もわかっていません。

 

ですが、警察関係者から自分の情報を持っている犯人が捕まったと言う連絡を受けたようで、あらかじめ護衛車に細工をして新田を待ち伏せしていました。

 

この凶行は、当然目撃者を抹殺し、自身に捜査の手が及ばないようにするためでしょう。

 

それにしても、この男の犯罪には異常性があります。

 

樋口の妻や橘の父の時もそうでしたが、一気に殺さずに執拗に何度も何度も鈍器で殴っています。

 

それは、まるで殺害を楽しんでいるようにです。

 

ただ、今回の新田殺しの件で、樋口と橘は、男の正体を特定しようとしていました。

 

そして、第5話で、樋口は情報屋から、疑いのありそうな会社社長の情報をもらいます。

 

ですが、情報屋の罠にかかり、大勢の男達に襲われてしまいます。

 

ここまで用意周到でしかも警察内部の情報が筒抜けになっているということは、男は警察、もしくは政府関係者の親族なのではないでしょうか。

 

正体がまだ明らかになっていない謎の人物ですが、3年前の事件に大きく関与していることは間違いありません。

スポンサーリンク


顎をカチカチ鳴らす男役の手塚とおるとは

 

顎をカチカチ鳴らす男役の手塚とおるさんは、様々なドラマ、映画に出演している名バイプレイヤーです。

 
本名:手塚 とおる
生年月日:1962年6月27日
出生地:北海道
身長:175 cm
血液型:B型
 

手塚とおるさんは、1983年に唐十郎さん作、蜷川幸雄さん演出の舞台『黒いチューリップ』でデビューしました。

 

その後もテレビに出ながらも、舞台の活動がメインで活動されてきました。

 

最近の出演作は次のとおりです。

 
ドラマ:
「半沢直樹」
「戦力外捜査官」
「ルーズヴェルトゲーム」
「東京スカーレット」
「天使のナイフ」
「ヤメゴク」
「ゆとりですがなにか」
「コック警部補の晩餐会」
「下剋上受験」
「小さな巨人」
「警視庁ゼロ係」など
映画:
「天空の蜂」
「図書館戦争」
「シン・ゴジラ」など
 

『半沢直樹』では、嫌味な中間管理職・古里を演じていました。

 

上司には媚を売り、自分より下の者には理不尽な物言いをするキャラで、まさにいい意味での嫌われキャラでした。

 


 

一方、『ルーズヴェルトゲーム』では、制作工場の野球チームの監督・大道を演じていました。

 

それぞれの選手の癖を理解した上で名采配をする監督で、好感の持てるキャラでした。

 


 

『シン・ゴジラ』では、影の薄い大臣役でした。

 


 

 


 

手塚とおるさんは、本当に幅広い役柄を演じられる俳優さんですね。

 

そして、必ず爪痕を残すという・・・すごいです。

 

そんな手塚とおるさんが、『ボイス110緊急指令室』で演じるは、警察と通じていると思われる殺人犯です。

 

カチカチと顎を鳴らしたり、歩き方に特徴があるなど個性の強いキャラです。

 

ドラマ『ボイス110緊急指令室』は、110番通報の向こうで助けを求める人を救うというストーリーです。

 

それと同時に主人公の関わる3年前の事件の真犯人に迫る内容でもあります。

 

顎をカチカチ鳴らす男は真犯人なのでしょうか。

 

ボイスの動画や見逃し配信はこちらをクリック

 

キャスト一覧はこちらです↓

ボイス110緊急指令室(日本ドラマ)キャスト・ゲスト一覧!

 

スポンサーリンク

ボイス110緊急指令室ー手塚とおる画像
最新情報をチェックしよう!