なつぞらイメージ画像

なつぞら第126話ネタバレあらすじ:なつの復帰は原画!その理由とは


朝ドラ『なつぞら』の第22週「なつよ、優しいわが子よ」第126話は、産休期間が終わり、なつは会社に復帰しました。

「作画監督」を任されると言われていましたが、なつの仕事は「原画」でした。

これはいったいなぜなのでしょうか?

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第22週126話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第22週第126話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

産休が明け、再びアニメーションの仕事に戻ってきたなつ(広瀬すず)。

しかし、仲(井浦新)から新しい作品の作画監督ではなく「魔法少女アニー」の原画として復帰するよう言われる。

そんな中、なつは仕事に集中しようとしても優のことが気になってしまうのだった。

一方、自宅では坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら優の面倒を見ているが、坂場もまたアニメーションのことが気になっていて…。

 

 

なつが原画として復帰した理由とは

 

なつの産休は早くも終わってしまいました。

 

出産も、子育てもすべてが初めてであっという間のことだったと思います。

 

それでも、なつは仕事に復帰しました。

 

妊娠を会社側に告げたときには、「なつに作画監督を任せる」と言われました。

 


 

ですから、なつはそのつもりで会社に戻ってきました。

 

ですが、実際は「原画」担当としての復帰になりました。

 

なつは、腑に落ちない気持ちになったのではないでしょうか。

 

なぜなつは作画監督ではなく、原画に回されたのでしょうか。

 

これは、やっぱり仲さんの配慮だと思います。

 

産休明けでいきなりフル回転で仕事をできると考えなかったのでしょう。

 

ですが、「配慮」って難しいですよね。

 

その配慮が、なつの気持ちと一致していればいいですが、そうでない場合はモチベーションを奪ってしまうことにもなりかねません。

 

一番いいのは、話し合うことだと思いますけど、仲さんはなつの性格を知っているので、ちょっと強引に配属を決めたのかもしれません。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!