宮澤崇史画像

絆のペダルの主人公のモデル宮澤崇史の経歴は?俳優は相葉雅紀!


ドラマ『絆のペダル』は、夏の名物でもある『24時間テレビ』で放送されるドラマです。

主人公はプロのロードレース選手なのですが、そのモデルとなった宮澤崇史とはどういう経歴の持ち主なのでしょうか。

またドラマで主人公を演じるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク





 

絆のペダルのモデルの宮澤崇史とは

 

ドラマ『絆のペダル』は、2019年の『24テレビ』放送されるドラマです。

 

その主人公のモデルの宮澤崇史さんのプロフィールから簡単にご紹介します。

 
生年月日:1978年2月27日
出身地:長野市
出身校:長野工業高校
職業:ロードレース選手
 

宮澤崇史さんは、高校在学中の1995年シクロクロス世界選手権(ジュニア)に出場し22位になりました。

 

そして、高校卒業後にイタリアに留学し、本格的指導を受け徐々に実力を発揮します。

 
1997年 「ツールドおきなわ」の市民200キロレースを優勝
1998年 全日本実業団選手権・いわき大会で優勝
 

その後、2年間は競輪学校受験のため一時期選手生活から離れます。

 

宮澤崇史画像
 

その頃の2001年に、母親が倒れます。

 

宮澤崇史さんのお母さんは、生体肝移植をしないと命が危ない状態でした。

 

息子の宮澤崇史は、お母さんにドナーとして生体肝を移植する適性を持っていました。

 

しかし、生体肝移植をするとドナーの体は元どおりになるというわけには行きません。

 

激しい運動、体力が必要とされるロードレース選手には戻れなくなるかもしれません。

 

それを知ったお母さんは、移植手術を受けるつもりはありませんでした。

 

そして、息子の「ロードレーサー世界一」という夢を壊さないでおきたいと考えました。

 

ですが、息子の宮澤崇史さんは、その母の考えを受け入れることはできませんでした。

 

そして、母への生体肝移植手術を受けました。

 

自分の夢より、今まで支えてくれた母親を大切に思っていたからの決断だったと思います。

 

ただ、宮澤崇史さんは、自身の夢を諦めたわけではありませんでした。

 

術後は体力低下で成績が振るわず、戦力外通告によりチームを解雇されました。

 

ですが、母親のためにもと、再びプロの道を目指すことを決意し、アマチュアから再スタートし、ついにはプロに復帰します。

 
2006年 「ツール・ド・おきなわ」のチャンピオンレースを優勝
2007年 タイの「アジア自転車選手権・個人ロード」で優勝
「ツール・ド・おきなわ」で連覇
2008年 アジア選手権個人ロードレース3位
 

このように、宮澤崇史さんは、選手生命を立たれるリスクを負いながらも、お母さんへの生体肝移植を受けました。

 

さらに、すごいのは、再びトッププロの道に戻ったことです。

 

専門家によると、このような手術を受けてまでトッププロに戻った選手はおらず、唯一の例なのだそうです。

 


 

どんなに努力をされたか、ただ想像するしかないですが、私が想像する何十倍、何百倍者努力をされたのではないかと思います。

 

スポンサーリンク


宮澤崇史役の相葉雅紀とは

 

ドラマ『絆のペダル』の主人公の宮澤崇史さん役を演じるのは、ジャニーズのアイドルグループ「嵐」の相葉雅紀さんです。

 

相葉雅紀さんについては、はっきり言って説明する必要はないですね。

 

天然癒やし系で、かつスタイルが良くて、丁寧な言葉づかいが素敵な方です。

 

相葉雅紀さんのドラマの出演作は数え切れないですが、少しあげてみました。

 
「三毛猫ホームズの推理」
「ラストホープ」
「ようこそ、我が家へ」
「貴族探偵」
「僕とシッポと神楽坂」
 

『ようこそ、我が家へ』では、嫌がらせを受ける一般家庭の長男・倉田健太を好演していました。

 

健太は、ふとしたことで見知らぬ相手を注意し、そのことで家族が嫌がらせを受けるようになってしまいます。

 

そのため、健太は家族を守るために嫌がらせの犯人「名無しさん」を見つけ出すための作戦を色々考えます。

 

どんなに被害を受けても家族が傷つけられても果敢にそれに立ち向かい、守ろうとする様子は好感が持てるキャラでした。

 


 


 

『貴族探偵』では、正体不明の謎の貴族を好演していました。

 

いつも癖のある使用人に囲まれ、平然としている様子は普段の相葉雅紀と違い、クールでカッコいい印象でした。

 


 

そして『絆のペダル』では、母との強い絆で結ばれたロードレーサーを演じます。

 

相葉雅紀さんのそもそもの優しさがにじみ出てくるドラマになるのではないかと期待しています。

 

スポンサーリンク

宮澤崇史画像
最新情報をチェックしよう!