なつぞらイメージ画像

なつぞら第134話ネタバレあらすじ:天陽が帰らぬ人に?


朝ドラ『なつぞら』の第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」第134話は、天陽は病院に入院していました。

ですが、病院から抜け出し、絵を完成させます。

そして、アトリエからでかけていきます。

天陽が行った先はどこなのでしょうか。

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第23週134話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第23週第134話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

病院を抜け出してきた天陽(吉沢亮)は、アトリエに籠もり、徹夜で描き続けて一枚の絵を完成させる。

天陽は、一晩中寄り添っていた靖枝(大原櫻子)を起こし、絵が出来たことを伝えると、病院に戻る前に畑を見てくると言い残して、アトリエを後にする。

夏が終わる頃、遅めの夏休みをとったなつ(広瀬すず)は娘の優を連れて十勝にやってきた。

久しぶりの里帰りに富士子(松嶋菜々子)は温かく迎えてくれるが…。

 

 

天陽が帰らぬ人に?

 

天陽は入院していましたが、病院を抜け出し家に帰ってきました。

 

彼がしたことは、絵を描くこと。

 

「絵を描くことは排泄と同じ」と言っていた天陽にとって、描かずにはいられないものだったのでしょう。

 


 

そして、なつや泰樹、そして村の仲間たちと耕し、情熱を捧げてきた畑に、天陽は向かいました。

 

大地に包まれていたかったのか。

 


 

天陽に二度と会えないと知った時のなつの喪失感を考えると胸が痛いです。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!