なつぞらイメージ画像

なつぞら第135話ネタバレあらすじ:天陽の自画像と向き合う


朝ドラ『なつぞら』の第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」第135話は、天陽がいない山田家をなつは訪れます。

そこで、なつは天陽の描いた自画像と向き合います。

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第23週135話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第23週第135話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

なつ(広瀬すず)は娘の優を連れて天陽(吉沢亮)の家を訪ねる。山田(戸次重幸)とタミ(小林綾子)は、あの日の夜のことをなつに語り出す。

これからの生活のために、離農を考えているという山田に、陽平(犬飼貴丈)も同意するが、靖枝(大原櫻子)はこの土地から動きたくないと訴えかけ、あの晩帰ってきた天陽の想いを語り出す。

やがて、天陽のアトリエで一人になったなつは、天陽の描いた自画像と向き合い…。

 

 

天陽の自画像と向き合う

 

十勝に帰ったなつは、天陽の家を訪ねます。

 

そこに天陽はおらず、天陽の父の正治とタミ、兄の陽平、妻の靖枝がいるだけでした。

 

天陽が亡くなったときのことを、なつに話してくれました。

 

そして、なつは天陽のアトリエに行き、天陽の自画像に向かい合います。

 


 

天陽は、出会ったときからずーっと、いつでもなつの味方でした。

 

誰よりもなつのことを理解してくれた最高のともだちでした。

 

心のなかに天陽は生きてるって言っても、天陽の新しい声や言葉は聞けないんですよね。

 

そうは言っても、天陽だったら、こう言ってくれるだろうって信じるしかないです。

 


 

天陽がなつに語りかけてくれたであろう言葉は、何なのでしょうか。

 

「いつでもここにいる」

 

「自分の決めた道を歩き続けていくと信じてる」

 

・・・どんな言葉なんだろう。

 

天陽の言葉が気になります。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!