なつぞらイメージ画像

なつぞら第136話ネタバレあらすじ:雪月で見た天陽の遺したものとは


朝ドラ『なつぞら』の第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」第136話は、なつは優と雪月を訪れます。

久々の再会に沸き立つ雪月の懐かしい人達。

そこで雪之介が天陽に作ってもらったものを見せてくれます。

それは何だったのでしょうか。

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第23週136話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第23週第136話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

十勝へ帰省中のなつ(広瀬すず)は、雪月を訪れ、菓子職人となった雪次郎(山田裕貴)と夕見子(福地桃子)に再会する。

娘の優が雪次郎の作った菓子を食べていると、妙子(仙道敦子)やとよ(高畑淳子)も現れ、わいわいと賑やかになり、昔の雪月の雰囲気が戻ってくる。

そこへ雪之助(安田顕)が現れ、天陽(吉沢亮)が描いたというあるモノを見せる。

天陽がそれに込めた想いを、雪之助は静かに語り出すのだった…。

 

 

雪月で見た天陽の遺したものとは

 

天陽がいなくなり、なつの心は、ぽっかりと穴が空いた状態になっているのではないでしょうか。

 

そんな中、なつは、幼馴染の雪次郎が家族で営む菓子店「雪月」に行きました。

 

「雪月」の人たちは、幼い頃から親戚のようにつきあっており、雪次郎となつが一緒に育った夕見子が結婚した今は、本当の親戚になっています。

 

「雪月」の店主の雪之介は、なつたちが高校生の頃から、天陽の絵を気に入り店にも飾っていたほどでしたよね。

 


 

そして、雪之介は、天陽が遺したものを見せてくれました。

 

それは・・・・ネタバレですが・・

 

 

 

 

天陽が描いた「雪月」の包装紙です。

 

その絵には、十勝の広い牧場が描かれており、その牧場の中には女の子がいました。

 

それって、なつですよね。

 


 

牧場で過ごしていたなつは、生きている喜びに満ちて、それが全身から湧き出ていた感じがしました。

 

その素敵な様子をエにしたのではないかと思います。

 

それを見て、なつは天陽の自分への愛情を感じたのではないでしょうか。

 

別々に生きていても、2人はつながっていたのだと思います。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!