なつぞらイメージ画像

なつぞら第137話ネタバレあらすじ:大人になった明美役の鳴海唯とは


朝ドラ『なつぞら』の第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」第137話は、なつの帰省に合わせてなのか、なつの妹の明美も柴田牧場に戻ってきました。

明美は現在北海道の放送局に勤めています。

おとなになった明美役を演じるのは、鳴海唯さんです。

どんな方なのでしょうか。

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第23週137話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第23週第137話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

娘の優の言葉に背中を押されたなつ(広瀬すず)は、すぐに東京にいる坂場(中川大志)に電話をかけ、いつしか坂場から手渡された本をアニメーションにしたいと告げる。

そんな時、札幌の放送局で働く明美(鳴海唯)が十勝に帰省し、久しぶりに柴田家で家族が勢ぞろいする。

やがて、話題はなつと妹の千遥の話になり、なつは千遥のためにもまだまだアニメーションを辞めてはいけないと改めて心に誓うのだった…。

 

 

大人になった明美役の鳴海唯とは

 

柴田明美は、柴田家の末っ子です。

 

今では、「末っ子」と呼ぶには、大人になりすぎました。

 

しっかりと働く女性です。

 


 

夕見子のように、「女性の権利!」なんて声高には言わないけれど、きっと影響は受けているはずです。

 

明美の働きぶりも見てみたいです。

 

さて、明美役の鳴海唯さんは、小学生の時に、上野樹里さんの『のだめカンタービレ』での演技を見て、俳優を志したそうです。

 

生年月日:1998年5月16日
出身地:兵庫県西宮市
身長:156 cm
血液型:A型
 

その後その気持ちを行動に移すには長い時間がかかりました。

 

結局大学生になった時、やっぱり俳優になりたいと学校をやめて、事務所のオーディションを受けました。

 

そこで合格し、映画に出演したのが、なんと2018年です。

 

まだまだ俳優業は始めたばかりです。

 

この鳴海唯役は、一度夕見子役のオーディションに落ち、再度挑戦して勝ち取った役だそうです。

 

デビュー2年目で朝ドラデビューできるなんて、強い気持ちがオーディションで伝わったのかもしれないですね。

 


 

ちなみに、広瀬すずさんの大ファンだそうで、共演できて最高に嬉しいのではないでしょうか。

 

同世代の俳優同士で、仲良くしているのかな。

 

鳴海唯さんの今後の活躍には注目していきたいです。

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!