ルパンの娘イメージ画像

ルパンの娘第8話ネタバレ:Lの一族また解散?華は逮捕?なんじゃこれ


ドラマ『ルパンの娘』は、泥棒一家の跡取り娘と警察一家の跡取り息子が恋に落ちる、まるで「ロミオとジュリエット」のようなストーリーです。

第8話では、各自生き延びるようにと「Lの一族」の解散後が描かれます。

気になる第8話のあらすじをご紹介します。

 

ルパンの娘動画はこちらをクリック!

スポンサーリンク





 

ルパンの娘第8話ネタバレ

 

ドラマ『ルパンの娘』第7話では、主人公の三雲華と恋人の桜庭和馬の結納が行われました。

 

その時に華の母の悦子が持っていた秘宝から、和馬の母の美佐子が三雲家が「Lの一族」と突き止めてしまいました。

 

そのため、三雲家は警察に追われることとなり、和馬と華は別れ離れになってしまいました。

 

第8話は、第7話の最後から始まります。




 

警察から逃げる華が工場に逃げ込むと、父・尊がいました。

 

華に「どうして黙っていたんだ 、桜庭家が警察だと。Lの一族が潰れるぞ」ときつく言います。

 

そして、2人は待ち合わせ場所を確認しそれぞれ分かれていきます。

 

三雲家のダミーの一軒家では、警察が調査をしていました。

 

和馬の先輩の巻栄一は和馬に「華が一族と知っていたのではないか?」と尋ねます。

 

ですが、そばにいた和馬の母の美佐子が「私達も騙されていたのよ」と助け舟を出します。

 

和馬は、華の本当の家への抜け道となっている畳に気づかれないように、そっと畳の上に立ちます。

 

すると、美佐子が、畳に疑いの目を向け、天助から下がっている照明の紐を引っ張ります。

 

いつもなら、畳が開いて、一軒家の背後にある高級マンションへの通路が現れます。

 

ですが、何も起こりませんでした。

 

実は、華の兄の渉が、畳に緊急事態に働く自動ロック機能をつけていたので、それが作動していたのでした。

 

その頃、華はラーメン屋で変装し、ニュースを見ていました。

 

桜庭家では、和馬の父の典和が「本当に華がLの一族と知らなかったのか、もしそうなら証明しろ」と、和馬に言います。

 

一方、Lの一族の待ち合わせ場所に、全員が集合しました。

 

尊がそれぞれに荷物と偽造身分証明書、そして1万円を渡します。

 

なぜか渉だけ適当な身分が見つからず「ケビン田中」として生きろと言われます。

 

尊が三雲家解散を宣言し、一家は解散しそれぞれ別の方向に去っていきます。

 

華はマンガ喫茶に身を潜めますが、席を外した途端にお金を盗まれてしまいます。

 

漫画喫茶の店員にお金が取られたと訴えますが、警察に連絡されるのは困るので、そのまま店を出ます。

 

その頃、和馬と巻は周辺を捜索しており、華とすれ違いになります。

 

他方、渉は公園の大きなタコの遊具の中にいました。

 

ですが、やんちゃな子供達に見つかってしまいます。

 

その頃、華は婚約指輪を見つめています。

 

そして、和馬は指名手配されたの華の絵を見て「どこにいる?」と問いかけます。

 

華はお金もなく公園の水を飲み、時にはドラム缶で雨をしのぎますが、ついに行き倒れてしまいます。

 

渉は、「自分たちの秘密基地を返せ」と子供に攻撃されます。

 

ですが、突然倒れた子供を、てんとう虫3号で救ったことから、逆に神様だと崇められます。

 

一方、華は気がつくと冴えないスナックにいて、簡素な食事をご馳走になります。

 

スナックのママ・佐知に倒れた理由を聞かれますが、華は何も言いません。

 

その様子を見て、佐知は、「話したくなければいい」と言い、「 住むところがないなら働くか」と聞かれます。

 

その頃、渉は神として子供達におやつなどを捧げられていました。

 

ですが、元気がなく、子供の頃を思い出していました。

 

幼少の頃、尊に華と一緒にスリの稽古をしてもらいますが、華に負けていました。

 

そして、両親が「華には才能があるが、渉にはない」と話していたことを思い出していました。

 

しかし、てんとう虫が好きだったことから、てんとう虫初号機を作り始めたのでした。

 

警察では聴聞会が開かれ、和馬へが質問攻めにされていました。

 

和馬は、華がLの一族だとは知らなかったと言い続けました。

 

巻はエミリに和馬と華の交際についてなにか聞いているのかと聞きますが、エミリは何も知らないと答えます。

 

聴聞会を終え廊下でエミリと会った和馬は、「なぜ上層部がLの一族を執拗に追うのか」と尋ねます。

 

ですが、エミリは「何も知らない、華のことは忘れた方がいい」と言います。

 

心配してくれるエミリに感謝しつつも、「やはり会いたい」と言います。

 

その頃、スナックでは華が客とカラオケをしていました。

 

その歌は「カナダからの手紙」で、その歌詞に華は思わず泣いてしまいます。

 

そんな華を見て、佐知はそっと買い出しに行かせます。

 

星を見ながら和馬を思い出し、和馬も同様に華を思い出していました。

 

華が店に戻るとお店が荒れていて、客が暴れて割れた食器などが散乱していました。

 

最近現れた流しが、突然暴れたのだと言います。

 

佐知は、華に「本気で好きになった男がいたのかい」と聞きます。

 

華は「自分にその資格がない」と答えます。

 

すると佐知は「犯罪者みたいだね」と言います。

 

華が部屋に戻った跡、スナック店員がニュースで流れていた指名手配の華の似顔絵を見て、華だと気づきます。

 

それに気づいた佐知が、「誰にもいうんじゃないよ」と釘を差し、すぐにニュースを消します。

 

翌日、スナック周辺を警察が見回りしていました。

 

それに気づいたママは華を2階に行かせます。

 

和馬は、華のマンションの地下に行きますが、そこに現れたのは華の幼馴染の世界的な大泥棒の円成寺でした。

 

円城寺のミュージカル調の登場に驚くものの、ついつい歌ってしまう和馬。

 

円城寺は、和馬に挨拶し「華から自分の話を聞いていないか」と問われますが、否定されがっくりします。

 

華が店に戻ると、変装した悦子がおり、しかも演歌歌手に変装した尊まで現れます。

 

さらには、白塗りの祖母のマツまで現れて、Lの一族集合状態になります。

 

お互い自由に設定した過去を話し合う中、スナックの店員が華の指紋がついた酒ビンを何気にとっていきます。

 

尊はトラック運転手でしたが、今は流しの歌手という設定。

 

悦子は銀座の店で成功し、愛した人と幸せに暮らしていましたが、相手は既婚者で愛人という立場だった。

 

そして、妻にののしられ愛する人に捨てられた元ホステスたという設定になっていました。

 


 

華は細かい設定の役を演じきる両親に呆れていました。

 

しかし、その頃店を抜け出た店員が警察に酒瓶を渡していました。

 

華は、尊や悦子の話を聞いてあきれているのに、佐知は涙を流して聞いていました。

 

佐知は自分自身のことを話出します。

 

内縁の夫がいて結婚を申し込まれます。

 

ですが、反社会勢力に属していたその男は足を洗う予定だったが、ぬれぎぬを着せられ逮捕されてしまいました。

 

佐知は、収監されている男に手紙で別れを告げたことを話しました。

 

男からは出所した時、待っているなら店の外に黄色のハンカチを出して欲しいと手紙をよこしました。

 

ですが、ママはそれはせず、そのことに後悔していました。

 

男は出所後も組をぬけられず、密輸組織の手伝いをしなければならないと佐知は言います。

 

佐知は、華に「その男を組から盗んでくれ」と頼みます。

 

それを聞いて、華は、佐知の恋人を盗み出すことに決めました。

 


 


 

佐知の恋人が上司に言われたとおりにお金を持って、取引場所にやってきました。

 

そこに1台のトラックが向かってきます。

 

派手な電飾のトラック前でポーズを決めるLの一族。

 

華以外が格闘をして組員を足止めし、その隙に華は男の救出に向かいます。

 

するとそこで、組の若頭と出会い、戦います。

 

華は華麗に戦いますが、ピンチが訪れます。

 

その時、てんとう虫3号が5機現れ、華をサポートして見事に男をやっつけます。

 

トラックで男をスナックに送っていくと、男は佐知のもとへ向かうことを躊躇します。

 

ですが、店の近くまで来ると、たくさんの黄色のハンカチが風になびいているのを発見します。

 

そして、佐知と男は再会し、抱きしめ合います。

 


 

その後、スナックで三雲家は2度目の解散となります。

 

佐知は、華に「あんたの男を信じな」と言います。

 

そこにスナックの店員を乗せたパトカーが到着します。

 

そこには和馬もいました。

 

和馬は巻にお願いして店に一人で入って行きます。

 

そこには華がいて、2人は抱き合いますが、和馬は華に手錠をかけ、店から出てきます。

 

そして、華はパトカーに乗せられ、警察署に護送されます。

 





ここで第8話がエンディングになります。

 

スポンサーリンク


ルパンの娘第8話感想

 

エンディングでは、華がついに警察に逮捕されてしまいました。

 

悲しいシーンでした。

 

ですが、その前のエピソードの尊のトラック野郎とか、悦子の元ホステス、はてはマツの白塗り、さらには、「幸福の黄色いハンカチ」・・・

 

いろいろごちゃまぜのなんじゃこれ状態。

 


 


これだから『ルパンの娘』は楽しいですね!

 

でもストーリーは、悲しい展開になっています。

 

ハッピーエンドは訪れるのでしょうか。

 

第9話が楽しみです。

 

前回『ルパンの娘』第7話はこちら→

次回『ルパンの娘』第9話はこちら→

ルパンの娘動画はこちらをクリック!

 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも

 

スポンサーリンク

ルパンの娘イメージ画像
最新情報をチェックしよう!