監察医朝顔イメージ画像

監察医朝顔第8話ネタバレ感想:不詳の死の悲しみはどこへ


ドラマ『監察医朝顔』第8話は、朝顔たち興雲大学法医学教室に、若い主婦の亡骸が運ばれてきます。

いつものように丁寧に解剖しますが、死因がはっきりしないようです。

そんなことってあるのでしょうか。

気になる第8話のあらすじを簡単にご紹介します。

監察医朝顔動画第8話を今すぐ見る!

 

スポンサーリンク




監察医朝顔第8話ネタバレ感想

 

ドラマ『監察医朝顔』第8話は、朝顔の家族と父の平が暮らす家の日常から始まります。




 

朝顔の家では、娘のつぐみを中心に生活が回っています。

 

朝顔の父の平は、つぐみの世話を甲斐甲斐しく焼いていました。

 

そんな幸せな日常風景ですが、朝顔は平の様子が気になっていました。

 

平は、家族写真の飾ってある場所に、花を飾っていました。

 

夫の桑原が元同僚の森本に聞いた話によると、平は仕事も休まずに続けていて、強行犯係の他の捜査員の捜査を手伝っているとのことでした。

 

朝顔が、法医学教室に行くとなぜか藤堂先生の子供の夏休みの宿題をみんなが手伝っていました。

 

それを知った藤堂先生の妻が恵美が怒り、宿題は恵美先生に取り上げられました。

 

みんなが旅行や帰省のお土産を出す中、解剖依頼の電話がきました。

 

遺体は女性で、外傷はなく、心臓など内臓に病変は見当たりませんでした。

 

脳の内頸動脈が細い部分はあったものの、それが死因ではないようでした。

 

1度目の解剖では明確な死因を特定できず、脳をホルマリン固定します。

 

警察の話を聞くと、女性は病院に入院していたことが判明します。

 

症状は貧血とめまいで、病院側は検査入院を提案しましたが、女性自身は幼い子供がいることから通院希望していました。

 

聞き込みでは夫婦仲は良好だったため、事件性はない様子でした。

 

捜査が進展しなかったが、係長は平に今日は帰るように指示しますが、平はそれを聞き入れず率先して聞き込みに行ってしまいました。

 

その頃、つぐみと朝顔が自宅に帰ってくると、東北のおじいちゃんから電話がきました。

 

つぐみの写真が届いたことで連絡をくれたのでした。

 

つぐみの様子を電話で話すが、祖父はふいに平の様子を尋ねてきます。

 

祖父も気にかけているようです。

 

朝顔は「お母さんの手袋持ってきてごめんね」というと謝ります。

 

すると、祖父は「朝顔が持っていなさい」と優しく言ってくれました。

 

つぐみと電話を代わり、最後朝顔に代わって電話を切りました。

 

つぐみは祖父のことを「もしもしのじいじ」だと言いました。

 

いつも電話ばかりで会わせたことがなかったからです。

 

夕食時、つぐみのことを桑原に話し、「本当は会わせたいんだけどね」という朝顔に「無理しなくていいよ」と言ってくれます。

翌朝早く、桑原は出勤支度をする平に会います。

 

「無理しなでください」と声をかけますが、平は大丈夫とさっさとでかけていきます。

 

法医学教室では、ご遺体の女性がモヤモヤ病だったことが判明します。

 

モヤモヤ病とは難病指定されている病気で、脳梗塞や出血の原因になることがわかっています。

 

脳のホルマリン漬けが終わり次第、脳を調べることになりました。

 

そこに女性の旦那さんが突然やってきました。

 

旦那さんは、妻が「なぜ死んだのか教えてください」と必死の様子でした。

 

そして、死んだのは病院のせいではないかという懸念を話ました。

 

その際に、亡くなった女性が子供の頃に、お母さんが急に死んだことから苦労をしてきたとことを夫は朝顔たちに教えました。

 

一方、桑原は県警に異動初日で緊張してトイレに行きます。

 

すると、となりに立っていた捜査一課の神崎に声をかけられます。

 

神崎は敏腕刑事というだけあって、聞いていた情報と見た目から桑原とわかったようです。

 

実はこの神崎が桑原のコンビの相手でした。

法医学教室では、病院がご遺体に処方していたのは、増血剤だったことが判明しました。

 

対処療法としては問題ない薬でした。

 

組織片の検査もするものの異常なしでした。

 

朝顔が帰宅すると、平が夕飯の準備していました。

 

係長から明日は休みを取るように言われたと平は言います。

 

そこにお風呂から出てきたつぐみが来て「明日はじいじと遊ぶ」と言います。

 

次の日、平はつぐみとお出かけします。

 

朝顔は平を心配するものの「大丈夫だよ」といい、2人を送り出します。

 

朝顔は、法医学教室でホルマリン固定が終わった脳を解剖します。

 

そのころ、つぐみと平は2人でデート中。汗をかく平にタオルを渡すつぐみ。

 

2人でかき氷を食べたり、楽しそうに過ごしています。

 

法医学教室では、脳を調べたものの、死因が特定できませんでした。

 

光子先生と朝顔は茶子に再解剖をお願いします。

 

朝顔は、今度は脊髄を調べたいといい、もう原因はそこにしかないのではと言います。

 

そして、全員が立ち会いのもと再解剖が始まりました。

 

解剖の結果は、何も分かりませんでした。

 

光子は「もう一回しましょう、じゃないと残された達哉さんたちがかわいそうです」と懇願します。

 

ですが、茶子は「もう終わりにしましょう、医学は万能ではありません」と拒否します。

 

そして、茶子先生は、朝顔に死体検案書の記入を指示し、朝顔は「不詳の死」に丸をつけます。

 

それを見た光子は「何もできなかった」と悔しがります。

 

その時、朝顔が茶子と光子に「お腹空きませんか?」と尋ね、朝顔の家でみんなでご飯を食べることになりました。

 

茶子と光子を家に連れてきてしばらくすると、つぐみと平もちょうど帰ってきます。

 

そこにサブちゃんからの朝顔のスマホに電話があり、その電話に茶子が出てご飯に誘います。

 

食卓には、色々なメニューが並び、賑やかなにみんなで食事を始めます。

 

外から花火の音が聞こえ、朝顔や子供達は花火を見に二階に行きました。

 

そして、居間には平と茶子の2人だけになります。

 

平は「今日は孫とデートしてきました、幸せすぎて里子に申し訳ないです。本当なら、あいつも味わうはずだったのに」と言います。

 

そして手袋が見つかったことで、これから何をしていいかわからなくなったと言います。

 

すると、茶子は「立ち止まってもいいと思います」と静かに答えます。

 

そこに2階から全員が降りてきました。

 

サブちゃんの妻の手の甲には、つぐみの保育園ではやっているマークが書かれていました。

 

その時、朝顔はサブちゃん一家の兄弟に同じところにホクロがあることに気づきます。

 

「遺伝ってすごいね」という言葉を聞いた時に、朝顔はハッとします。

 

法医学教室では、達哉に死因がわからなかったことを説明しました。

 

そして、妻の母も若い時に急死していたことから、モヤモヤ病も遺伝で、今回も何らかの関係があった可能性を説明します。

 

さらに、娘さんに遺伝していないか検査するように勧めました。

 

その夜、平は里子探しを諦めず、そのうち向こうに住んででも続けると朝顔に伝えます。

 

朝顔はそれを静かに受け止め、平の好きなようにしたら良いと答えます。

 

その後、タンスからそっと母の遺品の手袋を出し優しく触れます。

 

翌日、解剖の依頼が入り、朝顔が担当することになりました。

 

その遺体を見ると、見覚えなあるマークが手の甲に書かれていました。

 

そして、平が朝顔を悲しい目で見つめています。

 

そのご遺体はなんと一緒に夕食を食べたサブちゃんの奥さん・ゆいでした。

 

驚く朝顔に、茶子が執刀を変わると言いますが、朝顔は自分がやると答えます。

 

しかし手が震え、ナイフを持つことができません。

 

それを見て茶子が「私が変わります」と言い、朝顔に「出ていなさい」と強く言います。




ここでエンディングになります。

 

監察医朝顔第8話感想

 

ドラマ『監察医朝顔』第8話で扱われたのは「不詳の死」でした。

 

解剖しても、死因がわからないことがあるというのは、予想外でした。

 

どんなことにも、限度はあるということでしょうか。

 

死因がわからない死を、遺族は受け入れ難いのではないかと思います。

 

気持ちをどこへ持っていったら良いのでしょうか。

 

思いの整理がつくまで何年かかるのでしょうか。

 

なんだかとっても悲しかったです。

 

次回第9話は、朝顔が仲の良い女性の死因について調べることになります。

 

そして死因は他殺の可能性があり、サブちゃんが疑われるようです。

 

朝顔はこの状況を乗り越えられるのでしょうか。

 

見逃せませんね。

 

第7話ネタバレを読む

第9話ネタバレを読む

監察医朝顔動画第8話を今すぐ見る!

 

キャスト・登場人物一覧とあらすじはこちらです↓

監察医朝顔(ドラマ)キャスト・登場人物相関図一覧!あらすじと原作の違いは?

 

スポンサーリンク

監察医朝顔イメージ画像
最新情報をチェックしよう!