戸田恵梨香画像

スカーレット(朝ドラ)ヒロイン川原喜美子役の女優は誰?戸田恵梨香とは


『スカーレット』は、2019年度後期10月から始まるのNHK朝の連続テレビ小説です。

主人公は、川原喜美子という信楽焼に魅了された陶芸家です。

川原喜美子は、貧しいながらも女性陶芸家の道を切り開いていきました。

そんな朝ドラヒロインを演じるのは一体誰でしょうか。

スポンサーリンク





 

スカーレットのヒロイン川原喜美子役の女優は誰

 

朝ドラ『スカーレット』のヒロインの川原喜美子は、昭和12年(1937年)大阪生まれで、3姉妹の長女です。

 

川原喜美子の父は昔からいろいろな商売に手を出す癖があり、そのくせ何かあれば酒を振舞ったり、困った人を放っておけない気質でした。

 

そのため、家は貧しく、母親は体が弱かったので、喜美子が若い時から家族のために働いていました。

 

幼少時代は大阪で育ちましたが、9歳からは一家で信楽に引っ越し、喜美子も徐々に信楽の生活に慣れていきました。

 

そんな川原喜美子役を演じるのは、戸田恵梨香さんです。

 

戸田恵梨香画像
 

そんな喜美子が慣れ親しんだ信楽の名物が信楽焼きです。

 

子供の頃は自分がそれに関わるとは思いもよらなかったでしょう。

 

成長した喜美子は家族のためにも働かなくてはならず、15歳で大阪に出て下宿屋の下働きとして働くことになります。

 

その大阪で、女性が社会で活躍することの意義を教えてくれる人がいました。

 

それにより、信楽に戻った喜美子は女性が少ない信楽焼きの世界に入っていくことを決めます。

 

喜美子は何かを創り出したいという想いは昔から持っていたものの、やはり家族を支えなくてはいけないという責任感があったのではないでしょうか。

 

ですが、大阪での出会いによって、女性も好きなことを頑張ってもいいということを知り、好きだった陶芸の世界に入っていったのだと思います。

 

しかし、男性が優位の世界なので、喜美子の焼き物もうまく行かず苦労したはずです。

 

それでも母親譲りの愛情と父親譲りの楽天気質でピンチを切り抜けていきます。

スポンサーリンク



 

川原喜美子役の戸田恵梨香とは

 

川原喜美子役の戸田恵梨香さんは、説明するまでもない演技派の女優として有名です。

 
生年月日:1988年8月17日
出生地:兵庫県神戸市
身長:164 cm
血液型:AB型
 

戸田恵梨香は小学生時代から芸能界に入りしました。

 

2005年にキャンペーンモデルとなり、同時に本格的女優活動をしています。

 

出演作は多数あり、その一部は次のとおりです。

 
ドラマ:
「ギャルサー」
「LIAR GAME」
「コードブルー ドクターヘリ」
「流星の絆」
「BOSS」
「SPEC」
「大切なことはすべて君が教えてくれた」
「鍵のかかった部屋」
「SUMMER NUDE」
「海の上の診療所」
「リバース」
「崖っぷちホテル」
「大恋愛」など
映画:
「デスノート」
「アマルフィ」
「沈まぬ太陽」
「阪急電車」
「エイプリルフールズ」
「駆け込み女と駆け出し男」
「予告犯」
「無限の住人」など
 

 

『LIAR GAME』では、過酷なゲームに巻き込まれつつも相手を信用するヒロイン・神崎直を好演していました。

 


 

映画『デスノート』では、主人公ライトの彼女でアイドルの弥海沙を演じていました。

 

華奢でスリムな外見は漫画のキャラそのものでした。

 


 

そして『SPEC』シリーズでは個性派刑事・当麻を好演していました。

 

いつもダボダボのスーツで個性的な味覚を持っており、変な刑事でしたがIQが高く、いつも難事件を解決していました。

 

加瀬亮さん演じる瀬文とのやりとりも面白く、ユニークなストーリーで人気のドラマでした。

 


 


 

『コードブルー』では緋山先生を好演しており、サバサバした私生活でありながら患者に誠意を尽くす様子は涙することもありました。

 


 

戸田恵梨香さんは、作品によって人が変わったのかと思うくらい別人になってしまう女優さんです。

 

朝ドラ『スカーレット』は、戦後たくましく陶芸家の道に進んだ女性を描いたドラマです。

 

主人公・川原喜美子を演じるのが戸田恵梨香さんなので、説得力のある芝居を見せてくれるのではないでしょうか。

 

朝ドラのスタートが楽しみです。

 

スカーレットキャスト一覧と相関図はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

戸田恵梨香画像
最新情報をチェックしよう!