監察医朝顔イメージ画像

監察医朝顔第10話ネタバレ感想:三郎の容疑が晴れる!桑原はどうなる?


ドラマ『監察医朝顔』第10話は、主人公・朝顔の幼馴染のさぶちゃんこと浅井三郎の妻の死亡事件の続きから始まります。

警察と朝顔たち法医学医が、現場検証します。

真実は見つかるのでしょうか。

気になる第10話のあらすじをご紹介します。

 

監察医朝顔動画第10話を今すぐ見る!

 

スポンサーリンク




監察医朝顔第10話ネタバレ

 

ドラマ『監察医朝顔』第10話は、サブちゃんの妻の結衣さんの死因を解明するため、現場検証をしているところから始まります。

 

浅井三郎の家を、朝顔と茶子先生、朝顔の父の平(野毛山署強行犯係刑事)そして検視官が、それぞれ調べています。

 

朝顔と茶子先生は、結衣が亡くなっていた階段の幅や高さを計測。

 

平と検視官は、結衣のものと思われるスマホや、金属音がしたという近所の中学生の証言から金属バットを押収します。

 

法医学教室では、結衣の解剖結果を検証しながら、朝顔たちの帰りを待っていました。

 

茶子先生と朝顔が帰ってくると、階段からダミーを落とし、三郎の証言と警察の見立ての両方を検証します。

 

遺体の傷や現場の状況を照らし合わせると、どちらを事実でないことがわかりました。

 

遺体が倒れていた場所を考えると、階段の3段目くらいから足を滑らせた可能性が高いと考えられました。

 

ですが、それでは脾臓の損傷の説明が付きませんでした。

 

そのため、茶子先生は再解剖をすることに決めました。

 

朝顔は保存されていた脾臓の細胞を確認することになりました。

 

すると、その結果は同じ結論になりました。

 

その結果を、朝顔は平と光子とともに、三郎に伝えます。

 

結衣は、自転車でころんだときに脾臓を傷つけてしまい、無症状のままそれが少しづつ悪化し、自発性脾破裂を起こしたことがわかりました。

 

金属音の理由は、結衣が三郎を起こさないようにモスキート音でアラームをかけていたことがわかりました。

 

そして、三郎と結衣の息子のはるとが以前怪我をしたのは、間違いなく授乳中の怪我であることがわかりました。

 

その結果を聞き、三郎は泣き出しました。

 

一方、野毛山署では、刺殺事件が起こりました。

 

その被害者は、県警本部の神崎が関わる事件であることがわかり、すぐに連絡を入れました。

 

そして、法医学教室で、その事件の説明が行われます。

 

そこには、神埼と桑原もやってきました。

 

そこで、解剖が行われることになり、朝顔が執刀を願い出ます。

 

ですが、遺体を前にしメスを持つと朝顔の手は震えていました。

 

結局朝顔は執刀することができず、茶子がすることになり、助手も光子に代わりました。

 

その後、朝顔は茶子に屋上に誘われ、焼き芋をごちそうになります。

 

茶子はその芋を朝顔が食べたことで、大学1年生に講義を代わるように朝顔にお願いします。

 


 

朝顔が娘を迎えに行くと、三郎のはるとが保育園をやめたことを知りました。

 

落ち着くまで結衣の両親のもとに預かってもらうことになったのです。

 

朝顔が声をかけると、娘のつぐみは、浮かない顔をしていました。

 

そして、家に帰っても、なんだか元気がありません。

 

朝顔が食事を作ろうとすると、朝顔の足にくっついてきました。

 

朝顔が「ママが仕事にも行けじゃん」というと、つぐみは「それでいい」と答えます。

 

桑原が遅くなってベビーカステラを買って帰ってきました。

 

つぐみが怪我をしたことを訊くと、平と桑原が2人共心配していました。

 

朝顔は明日の講義の準備のため、2人をおいて席を立ちました。

 

平と桑原は、なんとなく居心地の悪い状況になりました。

 

朝顔が大学の講義に行くと、学生たちは全く聞く気がありません。

 

家に帰ると、つぐみはすでに平が連れて帰ってきており、一緒に餃子を作ることになります。

 

食後に、平が横になり、つぐみは劇のセリフを練習していました。

 


 

つぐみは劇で使うリスの耳をハルトくんにあげると言います。

 

朝顔ははるとくんが保育園をやめたことを伝えます。

 

つぐみはなぜなのかを訊き、朝顔はお母さんが死んじゃったからだと答えます。

 

つぐみはあまり理解できません。

 

平が助け舟を出し、絵本を読んであげることにしました。

 

次の日、朝顔はまた講義に行きます。

 

ある学生が「解剖は拒否できないのか」と質問します。

 

その質問に朝顔は答え、そして死因が特定することで、事故と思っていたことが他殺であったりすることもあり、それによって、遺族の気持ちが救われることもあることを説明します。

 

そして、自分の母が震災でなくなり、そのときに亡くなった人は混乱していたこともあり正しい死因を知ることは、死者を減らすことにつながっていくと思いますと学生に語りかけました。

 

法医学者は命を救うことはできないが、遺体に耳を傾けることができる唯一の存在である。

 

その講義を茶子が密かに聞きに来ていました。

 


 

他方、神埼と桑原は、国江建設の情報提供者に会いに行くことになりました。

 

そして、土砂降りの雨の暗い夜に、その男性と不法投棄の場所に確認しに行きます。

 

朝顔は寝ていましたが、雷と雨の音で目を覚まします。

 

まだ桑原は戻ってきていませんでした。

 

不法投棄の場所では、桑原たちが戻ろうとします。

 

その時、朝顔は花瓶を割ってしまいました。

 

すると、携帯電話が鳴ります。

 

朝顔は電話を取り、そして押し黙ります。

 


 




ここで第10話はおしまいです。

 

スポンサーリンク



 

監察医朝顔第10話感想

 

さぶちゃんの無実が確定してホッとしたのもつかの間、桑原くんの安否がわからなくなりました・・・

 

「最大の悲劇」と言っているので、最悪のことを想像してしまいます。

 

はっきり言って、先週から桑原くんのことを考えて、もやもやしたままでした。

 

そして、第10話でもそれがわからず、もやもやが続きます・・

 

もう嫌だ〜

 

朝顔の心を打つ講義も、もしかして桑原くんのご遺体を解剖するのかも?と思うと、辛くなってしまいました。

 

早く来週が来て、そしてハッピーエンドで終わって欲しいです!

 

第9話ネタバレを読む

第11話最終回ネタバレを読む

 

監察医朝顔動画第10話を今すぐ見る!

 

キャスト・登場人物一覧とあらすじはこちらです↓

監察医朝顔(ドラマ)キャスト・登場人物相関図一覧!あらすじと原作の違いは?

 

スポンサーリンク

監察医朝顔イメージ画像
最新情報をチェックしよう!