なつぞらイメージ画像

なつぞら第155話ネタバレあらすじ:十勝に落雷!停電になった時泰樹は?


朝ドラ『なつぞら』の第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」第155話は、柴田牧場の経営は、照男が完全に引き継いでいました。

そんな中落雷が起き、停電してしまいます。

うろたえる照男でしたが、その時泰樹は何をしたのでしょうか?

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第26週155話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第26週第155話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

十勝が冷害水害に見舞われた昭和58年。柴田家の居間では剛男(藤木直人)と照男(清原翔)が古い牛舎を建て替え、新しい設備を導入しようと話していた。

多額の借金をして設備投資しようとする照男に対し、泰樹(草刈正雄)はやりたいようにすればいいと言う。

その晩、十勝には激しい落雷の音が響き渡る。

翌朝なつ(広瀬すず)が起きると停電になっていた。牛の心配する泰樹は若返ったように声を張り、指示をしていくが…。

 

スポンサーリンク



 

十勝に落雷!停電になった時泰樹は?

 

すでに泰樹は90歳を過ぎていました。

 

柴田牧場は照男に任されています。

 

照男は牛舎を最新のものにしようと考えていました。

 

泰樹は静かに余生を暮らしていました。

 

ですが、柴田牧場に危機が訪れます。

 

落雷のため停電になったのです。

 

今は電気を使った機械で乳搾りをしており、絞った牛乳も冷蔵庫で保管しています。

 


 

また、牛は搾乳をしなければ死んでしまいます。

 

ですから、停電は牧場にとって命取りなのです。

 

照男はこの状況にパニックになってしまい、どうしたら良いのかわからなくなっていました。

 

すると、泰樹が目を覚ましたように陣頭指揮をとり始めます。

 

開拓者一世として、数々の苦難を乗り越えてきた泰樹には、何を一番最初にするべきなのかがすぐに見えるのでしょう。

 

真の開拓者ですね。

 

老いてなお泰樹はかっこいいです!!

 


 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!