朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット4話ネタバレあらすじ:草間追い出し作戦決行?


朝ドラ『スカーレット』が第1週「はじめまして信楽(しがらき)」第4話は、父の常治が連れてきた謎の男・草間宗一郎のせいで、給食費が払えなくなる危機が、主人公の川原喜美子に訪れました。

草間を追い出さなければ、給食という喜美子の楽しみが奪われかねません。

そこで、草間の追い出し作戦を敢行します。

喜美子はどんな作戦を立てたのでしょうか。

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第1週4話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第1週第4話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

昭和22年滋賀・信楽。

9歳の川原喜美子(川島夕空)は学校の給食が大好き。

父・常治(北村一輝)が連れてきた謎の男・草間(佐藤隆太)の食費が増えたせいで給食費が払えない危機を知ると、喜美子は草間に早く出て行ってもらおうと考える。

心に栄養が足りないという草間を元気づけるため、陶芸家の家に押しかけ、焼き物を見せてもらう。

だが作品は喜美子にとって不格好で、悪気なくけなしてしまう。

草間から喜美子へ思わぬ言葉が

 

スポンサーリンク



 

草間追い出し作戦決行?

 

草間宗一郎は、喜美子の父の常治が連れてきた謎の男です。

 

草間はただでさえ困窮を極める川村家に居候してしまいました。

 

大人の男が増えたことで、食費は今まで以上にかかるようになり、喜美子の学校の給食費も払えなくなりそうでした。

 

それでも、常治が連れてきたのですから、喜美子が「出てって」というわけにはいきません。

 

さらに、心に傷を抱えているようで、追い出すのは、流石に気が引けます。

 

そこで、喜美子は、草間が自分から家を出ていってくれるように作戦を立てました。

 

「心に栄養がない」と言う草間のために、陶芸家の元を訪れ、作品を見てもらうことにしました。

 

「心に栄養を与えるために焼き物を見せると良いのでは?」と考えるとは、喜美子は芸術家気質なのでしょうか。

 


 


 

ですが、まだ焼き物の良さはいまいちわかっていないようです。

 

どんな事を言ってしまうのでしょうか。

 

子供が言うことは、かなり辛辣だったりするので、陶芸家さんは傷つくかもしれないですね。

 

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!