朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット8話ネタバレあらすじ:喜美子が草間に教わるものは何?


朝ドラ『スカーレット』が第2週「意地と誇りの旅立ち」第8話は、川原家にやってきた借金取りは、挨拶にやってきた草間が撃退してくれました。

しかも借金も一部肩代わりしてくれました。

さらに、喜美子に草間は何かを教えてくれるようです。

それは何なのでしょうか。

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第2週8話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第2週第8話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

借金を立て替え、川原家のピンチを救った川原家の元居候・草間(佐藤隆太)。

だが父・常治(北村一輝)はその好意を受け入れられず、なけなしのお金をかき集めて返そうとする。

喜美子(川島夕空)は常治の行動が納得できず常治と衝突。

すると「男の意地や」と本音を明かされ言葉が胸に刺さる。

喜美子は悩んだ末、ある宣言をすることに…一方、川原家の騒動を見守った草間は信楽での滞在を延長し、ある計画を実行しようと動き出す。

 

スポンサーリンク



 

喜美子が草間に教わるものは何?

 

朝ドラ『スカーレット』の主人公の川原喜美子の家庭は、借金を踏み倒して大阪から信楽にやってきました。

 

当然ながら、借金取りがやってきますが、父の常治がいないため、借金取りに居座られます。

 

喜美子たちはとても困りますが、どうすることもできません。

 

そんな時借金取りとの闘いが勃発!

 

勝てる戦いではないものの始まってしまっては、かんたんには収まりません。

 

そんなときにやってきたのが、草間でした。

 

草間は川原家に以前居候していました。

 

そして、喜美子にさまざまな影響を与え、新しい世界を見せてくれた人でした。

 

その草間が、喜美子たちを救ってくれたのです。

 

喜美子の草間への信頼感はマックスでしょうね。

 

草間は信楽に長居するつもりはなく、挨拶に寄っただけでした。

 

ですが、草間は結局信楽にしばらくいる決断をします。

 

それは喜美子に何かを教えてくれるからのようです。

 

その何かとは一体何でしょうか。

 

それは、柔道です。

 


 

大きくなった喜美子が柔道をしていますが、それを教えてくれたのは草間だったのです。

 

草間は、喜美子にどんだけ心の栄養を与えてあげるのでしょうか。

 

出し惜しみしない人ですね。

 

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!