宮本琉成画像

ニッポンノワールの遊佐清春(賀来賢人)の子役は誰?宮本琉成とは?


ドラマ『ニッポンノワール』は、賀来賢人さん主演のノンストッパブル・サスペンス・ミステリードラマです。

主人公は遊佐清春。

「警視庁のガン」と呼ばれるほど悪い刑事です。

初回放送は、遊佐清春が上司の遺体の横で目覚めるという衝撃の出だしからスタートしました。

そんな遊佐清春は、苛烈な様相時代を送っていました。

遊佐清春の子供時代を演じた子役は誰なのでしょうか。

 

ニッポンノワール動画を見る

スポンサーリンク





 

ニッポンノワールの遊佐清春(賀来賢人)の子役は誰

 

ドラマ『ニッポンノワール』の主人公の遊佐清春は、警視庁捜査一課の刑事でした。

 

切れ者ですが、「警視庁のガン」とまで言われるほどやり方が汚く、周りの刑事からも嫌われていました。

 

その彼が目覚ますと、山小屋で上司の碓氷薫の遺体の横にいました。

 

シャツには血がつき、手には銃を持っていました。

 

遊佐清春が碓氷薫を撃ったとしか思えない状況でしたが、遊佐には記憶がありませんでした。

 

上司の碓氷薫自体も誰だかわかっていませんでした。

 

それだけでなく、ここ3ヶ月の記憶が頭から抜け落ちていました。

 

なので、自分が薫を殺したのか、はたまた誰かにはめられたのか全くわからない状態でした。

 

そして、遊佐は自分が犯人となる証拠を一つ残らず消して山小屋を去りました。

 


そんな遊佐清春は、父子家庭で育ちました。

 

遊佐清春の母親は、彼を産んだときに亡くなってしまい、父親は母が亡くなったことを清春のせいだと責め、彼を虐待していました。

 

「母親を殺したのはお前だ」と、父は怒鳴りながら、清春に暴力をふるっていました。

 

この壮絶な生い立ちから、彼は自分しか信じられなくなってしまったようです。

 

この遊佐清春の壮絶な子供時代を演じたのが、宮本琉成さんです。

 

宮本琉成画像
 

遊佐清春は、父親にガラスのコップを投げつけられたり、踏みつけられたり、本当に大変な幼少期でした。

 

それを演じている宮本琉成さんも、本当にかわいそうでした。

スポンサーリンク



 

遊佐清春(賀来賢人)の子役の宮本琉成とは

 

賀来賢人さんの子役を演じた宮本琉成さんは、スターダストプロモーション所属の子役です。

 

出演シーンはわずかでしたが、壮絶なシーンだったので、いたたまれない気持ちになりました。

 
読み方:みやもと りゅうせい
生年月日:2010年12月2日
出身地:千葉県
趣味:ゲーム、釣り、折り紙
特技:ダンス(5歳~)、サッカー(4歳~)、ポケモンについて語る(2歳~)、あいさつ名人(学校認定)

(出典:スターダストプロモーション))

 

宮本琉成さんのプロフィールを見ると、ドラマに出演するのは、今回が初めてのようです。

 

まだ事務所に所属してから日が浅いようです。

 

ですが、周囲から期待されているようで、スターダストプロモーションの劇団の「EBidan」の育成プロジェクト「バトルキッズ」の一人として活動しています。

 


 


 

宮本琉成さんは、元気に一生懸命仕事をこなしていると評価されているようなので、今後の活躍が期待できます。

 

まずは、主役級のイケメン俳優が演じるキャラクターの幼少期で、もてはやされるのではないでしょうか。

 

ドラマ『ニッポンノワール』は、賀来賢人さん主演のドラマです。

 

第1話の放送終了後、アクションのキレの良さが評判になっていました。

 

先が見通せない展開も楽しみです。

 

そんなドラマで主人公・遊佐清春の壮絶な子供時代を演じた子役は宮本琉成さんです。

 

今後も過去の描写の中で出演するかもしれません。

 

そういうシーンはいたたまれないですが、宮本琉成さんの出演は楽しみです。

 

 

動画を見たい方は↓を今すぐクリック!

ニッポンノワール動画を見る

 

ニッポンノワール(ドラマ)キャスト一覧

 

スポンサーリンク

宮本琉成画像
最新情報をチェックしよう!