ニッポンノワールイメージ画像

ニッポンノワール2話ネタバレあらすじ感想:10億円強奪事件の黒幕?


『ニッポンノワール』は賀来賢人さん主演のハードボイルドドラマです。

主人公の遊佐清春は、殺人事件の嫌疑をかけられていますが、本人は身に覚えがありません。

調べを進めると、警察上層部が関与した可能性が感じられる事実が出てきました。

遊佐清春は、どんな手を打つのでしょうか。

第2話のあらすじをご紹介します。

 

ニッポンノワール動画を今すぐ見る

スポンサーリンク




ニッポンノワール第2話ネタバレあらすじ

 

冒頭、遊佐清春について、遊佐の周りにいる人達へのインタビュー。

 

「警視庁のガンだよな」 南武修介(捜査一課長)

 

「刑事のくせに暴行、たかり・・」 高砂明海(同僚刑事)

 

「記憶がないからなあ」 江國三成(同僚刑事)

 

「自分は怒ってしまったんで・・」名越時生(同僚刑事)

 

などなど、好印象の意見は皆無。

 

そして、ストーリーが進む。

 

遊佐清春の部屋を取り囲んだ大勢の警察官の指揮を執る本城諭理事官は、遊佐清春宅の家宅捜索に踏み切った。

 

勇んで、家宅捜索に入ると、遊佐清春と名越時生が乳首ずもうをしていた。

 

碓氷殺害の証拠があるとタレコミがあり、その証拠があるはずだと本城諭は主張するが、見つからない。

 

結局家宅捜査はなんの成果もなく打ち切りになった。

 

才門が証拠はあったかとやってくるが、なにもなく去っていく。

 

実は遊佐清春の家には、隠し扉があった。

 

そこに拳銃と強盗のマニュアルが入った封筒を、遊佐は隠していた。

 

そして、遊佐の部屋にとりつけてある監視カメラに、本城理事官がロッカーに証拠の入った封筒を入れる姿が写っていた。

 

遊佐は、部屋があるビルの1階にある喫茶店のマスターの深水喜一と娘の咲良に、わかったことを話す。

 

そして、自分が殺したと疑われている碓氷薫の息子の克喜も命を狙われるから、守って欲しいと2人に頼む。

 

ただではなく、強奪事件の10億円を手に入れたら、それ相応の金は払うと遊佐は言い出し、すでに10億円を横領するつもりのようだ。

 

10億円事件の犯行の様子を移した映像を見ると、強盗団は映像に手をいれて、行方をくらましたことがわかった。

 

警察内部に強奪事件の関係者がいると考えた遊佐は、揺さぶりをかけることを決める。

 

次の日、10億円強奪事件と碓氷薫殺人事件の合同捜査会議のときに、遊佐は自分に対してタレコミがあったことで騒ぎ出す。

 

すると、南武課長が10億円強奪事件の犯人が、碓氷薫の殺害犯人であると言いだした。

 

南武課長は、その話を、碓氷から聞いたと付け加えた。

 

そして、遊佐たち碓氷班が10億円強奪事件を担当することになった。

 

調べを進めると、事件に関係ある男、上岡達彦がハッカーで、その男は半グレ集団「ベルムズ」の一員だった。

 

その頃、本城は、機械で声を変えた人物からの電話を受けていた。

 

その人物は、上岡達彦の友達が理事官の娘と付き合っていると言った。

 

その後、本城理事官の娘の芹奈が家に帰ると、父の諭が誰とあっているか問い詰めようとした。

 

芹奈は反発する。

 

遊佐の部屋の1階の喫茶店に、才門がやってきた。

 

才門は、咲良と親しく話している。

 

実は、才門は咲良の姉の「セーラ」の婚約者だったのだ。

 

才門は、本城が10億円強奪事件に使われた車を解体したことと碓氷薫から聞いていた。

 

だが、本城は、碓氷薫が死亡したとき、政治家のパーティーに出ていたことは事実としてある。

 

遊佐が面倒を見ている碓氷薫の息子の克喜は、母が仕事部屋に使っていただろう部屋を思い出した。

 

それを話そうとすると、遊佐がそこで話を止める。

 

その後、めちゃくちゃにした部屋に一人で座っている本城諭のもとに、「あなたに起死回生のチャンスを上げましょう」と携帯電話がかかってくる。

 

遊佐の部屋では、不眠症の遊佐がソファーに座っていた。

 

克喜が「道を間違えてしまった本城さんは、本当にもう終わりなんでしょうか」と遊佐に問いかけると、遊佐は「元には戻れない」と答える。

 

克喜は、自分のリュックサックに付けているガルムフェニックスいうヒーローの説明を始める。

 

ガルムフェニックスは、感情を奪われて怪人になった人間と戦かっている。

 

ガルムフェニックスが勝つと、人間は感情を取り戻す。

 

本城もそうならないのだろうかと語り続けます。

 


 

次の日、遊佐と克喜は、何年か前に亡くなった親戚の家に向かう。

 

課長に呼び出されたため、咲良が克喜についていくことになった。

 

本城を調べるなら、チームで動けと命令される。

 

江國が遊佐にそんなに信用できないのかと怒りを爆発させると、名越が、「江國は奥さんの手術代」「高砂は株の投資に失敗し借金が膨れ上がっている」と指摘する。

 

それを才門も聞いていた。

 

一方、克喜と咲良は、碓氷薫のしごと部屋を捜索していた。

 

そこで、「克喜 誕生日 10歳」と書かれたDVDを見つける。

 

それを見ていると、忍び込んできた本城に襲われ、克喜が連れさらわれる。

 

遊佐あてに、本城から電話が入り、10億円強奪事件のすべてのデータが入ったUSBを持ってこいと言われる。

 

遊佐は、克喜のガルムフェニックスの中にUSBがあることを発見し、克喜が囚われている場所へ向かう。

 

遊佐が本城と対峙すると、本城は遊佐に「死んでくれ」と言う。

 

遊佐が本城に銃を向けると、本城は護衛を連れてきていた。

 

だが、遊佐も碓氷班の捜査員を連れてきていた。

 

そして、遊佐と撃ち合いになり、本城は撃ち殺された。

 

本城の娘の芹奈が、父の最期を見て泣き叫んだ。

 

すると、才門が、本城は罪を侵さなくても良いことにホッとしているはずだと言う。

 

そして、本城を悪者に仕立てないことを約束する。

 

だが、次の日、テレビのニュースで、本城が10億円強奪事件の首謀者と報道されていた。

 

碓氷班全員でテレビを見ていると、才門がやってきて、警察の名誉を守るほうが大切だと言い、悪びれない。

 

遊佐は怒り狂うが、才門は一蹴する。

 

江國と名越が遊佐を連れて部屋の外に出ると、高砂が才門を「要」と名前を呼んでじっと見る。

 

才門は高砂に出ていくように無言で指示する。

 

そして、才門はポケットからUSBを取り出し、「あなたのおかげで回収できました」とつぶやき机の引き出しにUSBを入れる。

 

その引き出しから、ボンベを取り出し、それを吸い込み、本城を脅していた声で「ご協力に感謝いたします、本城理事官殿!」と高笑いする。

 


 

捜査一課長は、自室でニュースを見て、捜査会議に出ていくときに怒りに任せてテレビをけとばす。

 

遊佐たち碓氷班も捜査会議に怒りをうちに秘めながら向かう。




ここで第2話は終わりです。

スポンサーリンク


ニッポンノワール第2話感想

 

ドラマ『ニッポンノワール』第2話は、怪しかった才門要が、限りなく黒に近いことがわかりました。

 

本当に誰が信用できるのかよくわかりません。

 

個人的には、南武捜査一課長が一番怪しいと思っているのですが。

 

なぜと言われると・・それはなんだかいい人っぽいからです。

 

いい人が最後に悪い人だったとわかるというのは、裏切り者が出てくるドラマの鉄板ですよね。

 

どうなのでしょうか。

 

それにしても、第2話で才門要を限りなく黒に近いことを知らしめてしまうと、今後のストーリー展開がよくわからなくなりますね。

 

喫茶店「bonnaro」のマスターが遊佐に渡している得体のしれないドリンクの中身も気になります。

 

それに、遊佐の部屋の隠し部屋・・ベルムズ関係らしいけど、いったいなんなん?

 

第3話になると、少しは霧が晴れるでしょうか。

 

ちゃんと伏線回収してほしいです。

 

いまのところそうなると信じています。

 

ニッポンノワール第1話あらすじ感想はこちら

ニッポンノワール第3話あらすじ感想はこちら

ニッポンノワール第4話あらすじ感想はこちら

 

『ニッポンノワール』動画の視聴については↓こちら!

ニッポンノワール動画を今すぐ見る

 

『ニッポンノワール』キャスト一覧はこちらをご覧ください。

 

ニッポンノワールキャスト一覧

 

スポンサーリンク

ニッポンノワールイメージ画像
最新情報をチェックしよう!