朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット31話ネタバレあらすじ:喜美子の母マツが倒れるという嘘


朝ドラ『スカーレット』が第6週「自分で決めた道」第31話は、大阪で働く喜美子のもとに、母のマツが倒れたという連絡が入りました。

ですが、それは常治の嘘でした。

なんのための嘘だったのでしょうか?

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第6週31話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第6週第31話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

信楽の父・常治(北村一輝)から母のマツ(富田靖子)が倒れたという連絡。

大阪で働く喜美子(戸田恵梨香)は慌てて実家に戻ることに。

道中、幼なじみの信作(林遣都)が女子高生に囲まれる所に出くわすも、真相わからぬまますれ違う。

実家に着くと、マツの倒れた話は常治の嘘だと判明。

しかし実際マツの体調が芳しくなく、思春期の直子(桜庭ななみ)の反発を受けての苦肉の策だった。

さらに常治が荒木荘に喜美子が辞める連絡を…

 

スポンサーリンク



 

喜美子の母マツが倒れるという嘘

 

人生初の失恋を経験し、草間の妻との大人の別れを間近で見た喜美子。

 

大人の階段を登る喜美子のもとに、父の常治から母のマツが倒れたという電話が入りました。

 

これは一大事です。

 

喜美子は慌てて信楽に帰りました。

 

すると、マツが倒れたというのは、真っ赤な嘘でした。

 

もちろんマツはもともと体が弱いので、体調は芳しくありません。

 

なので、次女の直子に家のことをいろいろやってほしいのですが、直子はちょっとひねくれ者。

 

子供の頃から、面倒くさい子でした。

 

思春期になった直子は、いよいよ手に負えなくなっていました。

 

そこで常治が女中の仕事に邁進している喜美子を呼び戻そうとした会心の嘘だったのです。

 

関連記事

朝ドラ『スカーレット』は、2019年度後期のNHK連続テレビ小説です。 主演は戸田恵梨香さん。戦後の信楽で陶芸の世界に入っていったたくましく優しい女性・川原喜美子を演じます。 喜美子には、2人の妹がおり、次女の直子は、わがま[…]

スカーレットー桜庭ななみ画像

 

しかも、常治は、喜美子に無断で荒木荘に辞めると連絡してしまいます。

 

荒木荘への就職も退職も、常治が勝手に決めるとは、言語道断です。

 

喜美子は、もう右も左も分からない女の子ではありません。

 

一人で立派に働く社会人です。

 

喜美子は、この常治の暴走にどう対処するのでしょうか。

 
 

スカーレットの動画視聴はこちらから

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!