朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット32話ネタバレあらすじ:川原家の驚きの事実とは


朝ドラ『スカーレット』が第6週「自分で決めた道」第32話は、大阪に戻るという喜美子と信楽に残れという常治は対立したまま、喜美子は大阪に向かいます。

ですが、その途中に幼馴染の信作から驚愕の事実を、喜美子は知らされます。

いったい何なのでしょうか?

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第6週32話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第6週第32話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

喜美子(戸田恵梨香)の帰郷を聞きつけた仲間たちが集まって大宴会。

父・常治(北村一輝)が荒木荘に喜美子が辞める連絡をしたことがわかり、喜美子は大阪で働きながら、美術学校に行く夢を明かす。

しかし川原家に響く不協和音を治める役目を喜美子に期待する常治は頑として認めない。

喜美子も折れず、仲たがいしたまま翌日を迎える。

再び大阪に戻るつもりで家を出た喜美子。

道中、信作(林遣都)と出くわし、驚きの事実を聞く。

 

スポンサーリンク



 

川原家の驚きの事実とは

 

喜美子 は大阪で美術学校へ通いたい。

 

常治は喜美子に信楽で働いてほしい。(というか働けという命令)

 

両者の対立は続いたまま、喜美子は大阪に戻ろうとします。

 

その道すがら、末の妹の百合子が病院へマツの薬を貰いに行くと言います。

 

喜美子が自分が行こうかというと、それはだめだと百合子は言い、直子もその理由を明かそうとしません。

 

すると、信作が教えてくれました。

 

それは、父の常治がお金を使い果たしてしまい、薬代も払うことができず借金していたのです。

 

まさかのときの過去の信作・・

 

しかも常治は、お金がないのに、お酒は飲み続け無責任ぶりに拍車をかけていたのでした。

 

直子も百合子も、そんな家庭の事情に疲れ果てていました。

 

喜美子は今回はじめてそれを知り、驚き果てたのでした。

 

常治ぃぃぃぃ

 

子供に厳しいくせに、自分に甘すぎませんかぁ。

 

結局喜美子は、自分の夢を持つことは許されないと思ってしまいますよ。

 

そんなんでいいのかなあ。

 

常治ぃぃ、酒止めろや。

 

でもこの顔を見ると、憎めない・・

 


 

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!