ニッポンノワールイメージ画像

ニッポンノワール4話ネタバレあらすじ感想:南武が克喜の父親なのか?


『ニッポンノワール』は賀来賢人さん主演のハードボイルドドラマです。

主人公の遊佐清春は、殺人事件の嫌疑をかけられていますが、本人は身に覚えがありません。

警視庁公安部の才門要が一連の事件の黒幕と考えられてきましたが、捜査一課長の南武修介が黒幕なのではないかという疑惑が浮上してきました。

第4話のあらすじをご紹介します。

 

ニッポンノワール動画を今すぐ見る

スポンサーリンク




ニッポンノワール第4話ネタバレあらすじ

 

才門が姿を消してから1週間経った。

 

遊佐が山小屋で見つけたマークが、強盗団で死んだ場所に書いてあった。

 


 

碓氷薫のスマホのロックを外す暗証番号がわかり、調べてみると、碓氷薫が死んだ当日、南武と会うことになっていた。

 

そして、碓氷薫から才門宛に、十億円強奪事件の犯人と会うとメールを送っていた。

 

ここで、南武が容疑者として浮上してきた。

 

だが、南武は碓氷薫が殺された日に、江國とアメリカに行っていた。

 

公安部の部長が、フェイク映像を作らせたのは、例の組織から頼まれたんだ。

 

公安部を黒幕に仕立て上げたのはお前だろと南武を責める。

 

喫茶店ボナールでは、南武の上司だったマスターに、南武がどんな人物だったか訊いていた。

 

咲良が南武は克喜にはやさしいというと、マスターが碓氷薫の父は警察庁長官だからだと言った。

 

すると、そこにマスターの横で働く芹奈がいた。

 

芹奈は事件が解決するまで、ボナーロで働いたらどうかと芹奈を誘っていたのだった。

 

そこに、克喜がやってきて、南武は犯人ではないと断言する。

 

その時、才門から遊佐に「南武のことで話がある」とメールが入った。

 

東京タワーの展望台に遊佐がいくと、才門が待っていた。

 

「公安部は南武を犯人に仕立て上げて、一発逆転を狙っている」と才門は言う。

 

その2人を誰かが見ていた。

 

それは公安部の若手で、才門を付けていた。

 

才門は「南武のクビをきっちり差し出すと仁平課長に言っとけ」と捜査員を倒しながら言う。

 

遊佐は、元ベルムズの喜志の元へ行き、南武とのつながりを問いただした。

 

喜志は南武の偽造パスポートを作っており、放来撮影所へ遊佐を誘導したのも南武の差し金だった。

 

喫茶店ボナーロでは、名越が江國は南武の手下だったと大騒ぎしてやってきた。

 

そこに南武がやってきて、遊佐を連れて行った。

 

江國の妻が入院しているのは、南武が不正を握りつぶした病院で、費用はただだった。

 

江國に声を変えた電話が来た。

 

「ドナーをすぐに用意できるとしたら、協力するか」とその声の主は訊いてきた。

 

南武が来た目的は、遊佐が疑っていることを聞きに来たのだった。

 

南武が克喜について訊いてきたので、「克喜が暴れだした」事を言うと、南武は「克喜がキーパーソンかもしれないなあ」と言う。

 

清春が部屋に戻ると、咲良が克喜を寝かしつけていた。

 

南武は遊佐と別れたあと、にじまち遊園地にやってきた。

 

実は、南武と碓氷薫は、克喜をにじまち遊園地の開園前に連れてきていた。

 

南武が克喜は成長したなとしみじみいうと、碓氷薫は、先月まで大変だったけど、急に変わったと答えた。

 

南武が克喜の父親が誰なのかと訪ねると、薫は教えたくないと答えた。

 

捜査一課に出勤すると、遊佐は、江國に課長との海外出張について訊く。

 

すると、江國が急に遊佐に掴みかかり、「課長の弱みを教えると、ドナーを優先する」と連絡してきたのはお前かとどなった。

 

捜査一課長室では、南武が盗聴器を探していた。

 

それを見つけると同時に、克喜から電話がかかってきた。

 

克喜は碓氷薫が亡くなった日に南武と克喜が一緒に写った写真があると言った。

 

その後、南武は江國に連絡し、15時ににじまち遊園地に来るように指示する。

 

遊佐は、元ベルムズの喜志と闇病院に行く。

 

病院で要件が終わると、清春に克喜から留守電が届いていた。

 

遊佐はにじまち遊園地に向かう。

 

碓氷が死んだ日、南武と克喜は病院へ行っていた。

 

にじまち遊園地で遊佐が南武と克喜と合流すると、江國がライフルで撃ってきた。

 

遊佐は江國の妻を誘拐したと江國に話し、江國は遊佐たちに攻撃するのを思いとどまる。

 

ガスマスクの男がやってきて、撃ってこようとするが、江國がガスマスクの男を撃つ。

 

ガスマスクの男は逃げ、遊佐が追いかける。

 

南武のもとには江國がやってきて、南武に謝る。

 

遊佐はガスマスクの男にやられそうになる。

 

その頃南武と江國は帰ろうとしていたが、南武が狙われているのに気づいた江國が南武をかばい撃たれる。

 

ガスマスクの男が姿を表すが、去っていく。

 

遊佐が目を覚ますと、才門の運転する車の中にいた。

 

ガスマスクの男は、警察の闇の組織「ニッポンノワール」だと才門と江國は、それぞれ言った。

 

そして、遊佐はガスマスクの男に映像を見せられていた。

 


 

それによって、碓氷薫に「克喜が遊佐の子供である」と言われたことを思い出した。

 




ここで、第4話は終わりです。

スポンサーリンク


ニッポンノワール第4話感想

 

怪しい男たちがうごめいていますが、現時点では才門も南武も敵ではなさそうです。

 

そうなると、怪しいのはボナーロのマスターかなあ。

 

ですが、才門の婚約者だったセーラは、彼の娘なので、まさか娘を殺すなんてことは無いですよね・・

 

いろいろな人の考察を見ると、遊佐は催眠術をかけられているようだし、私では思いつかない方向に進んでいるようです。

 

5話で第1部が終わるらしい・・。

 

どうなるんでしょうか。

 

ニッポンノワール第1話あらすじ感想はこちら

ニッポンノワール第2話あらすじ感想はこちら

ニッポンノワール第3話あらすじ感想はこちら

 

『ニッポンノワール』動画の視聴については↓こちら!

ニッポンノワール動画を今すぐ見る

 

『ニッポンノワール』キャスト一覧はこちらをご覧ください。

 

ニッポンノワールキャスト一覧

 

スポンサーリンク

ニッポンノワールイメージ画像
最新情報をチェックしよう!