朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット43話ネタバレあらすじ:喜美子が絵付師の下っ端になる


朝ドラ『スカーレット』が第8週「心ゆれる夏」第43話は、絵付師の深野心仙の弟子になって3年経った喜美子が、ついに絵付師の下っ端になります。

そして、火鉢の新しいデザインを考えるように言われます。

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第8週43話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第8週第43話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

喜美子(戸田恵梨香)が絵付け師の深野(イッセー尾形)の弟子になって3年。

21歳になった喜美子は修行の末、絵付け師の下っ端として認められ、忙しい毎日を過ごす。丸熊陶業の火鉢生産は好調で、喜美子は深野から火鉢の新デザインを考えるよう言われる。

その晩、喜美子は妹の直子(桜庭ななみ)や百合子(福田麻由子)に家事を手伝ってもらい、デザイン案を考える。

火鉢を使ってくれる人を想像して、喜美子が思いついたのは…

 

スポンサーリンク



 

喜美子が絵付師の下っ端になる

 

喜美子21歳。

 

3年間の下積み修行を経て、晴れて絵付師になりました。

 

まだまだ下っ端で、絵付師としてスタートラインに立っただけですが、それでもはじめの一歩を踏み出せるのは、素晴らしいことです。

 

まずは火鉢のデザインを考えるように、師匠の深野心仙から言われました。

 

喜美子は、火鉢を使う人のことを考え、一生懸命にデザインを考えます。

 

どんなデザインができあるのか気になります。

 


 


 

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!