朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット47話ネタバレあらすじ:喜美子が新聞取材を受ける


朝ドラ『スカーレット』が第8週「心ゆれる夏」第47話は、喜美子の火鉢の絵付けのデザインが採用されました。

それを機に、火鉢の販売促進のため、丸熊陶業は、喜美子を「信楽で初めての女性絵付師」として新聞に取り上げてもらうことにします。

喜美子は当惑しますが、会社のためということで承諾します。

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第8週47話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第8週第47話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

照子(大島優子)の後押しで喜美子(戸田恵梨香)の考えたデザインが新しい火鉢に採用されることに。

会社の若社長・敏春(本田大輔)が喜美子を「信楽初の女性絵付け師」として売り出し、火鉢の販売促進につなげようと、新聞取材の話を持ってくる。

勝手に写真撮影まで決められ、喜美子は困惑。

父・常治(北村一輝)には秘密のまま、取材日を迎える。

近所の女性たちの協力で、見違えるほどかわいく着飾った喜美子の姿にマツの涙が…

 

スポンサーリンク


喜美子が新聞取材を受ける

 

丸熊陶業では、社長が照子の夫の敏春が社長になりました。

 

敏春は会社を拡大するため、喜美子を「信楽発の女性絵付師」として売出し、火鉢の販売促進を目論みます。

 

そのため、喜美子は新聞の取材を受けることになりました。

 

ちなみに、常治は、喜美子の妹の直子を就職先の東京に送り届けるため留守にしていました。

 

喜美子は写真も掲載されることになりました。

 

ですが、記事の内容は、喜美子の気持ちとは違うものとなってしまいます。

 

喜美子は、師匠の深野心仙のおかげで今があることを取り上げてほしかったのですが、それは叶いませんでした。

 

あくまで会社のための記事になってしまうのです。

 


 

ですが、深野先生なら、そんな事情も理解してくれるでしょうし、なにより喜美子が評価されることを喜んでくれるのではないでしょうか。

 

ふか先生は、やきもちを焼くような狭い心の持ち主ではありませんよね。

 

ところで、新聞に取り上げられるということは、もしかしたら、大阪の荒木荘の人たちも見てくれるかもしれません。

 

喜美子が頑張っていることを知ったら、大久保さんやサダさん、雄太郎さんも誇りに思ってくれるのではないでしょうか。

 

そんなエピソードもあったらいいなあ。

 

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!