朝ドラ・スカーレットイメージ画像

スカーレット51話ネタバレあらすじ:ふか先生の衝撃の事実とは?


朝ドラ『スカーレット』が第9週「火まつりの誓い」第51話は、喜美子は妹の百合子の進学問題に直面します。

他方、丸熊陶業の絵付師のふか先生にも、衝撃の事実がありました。

それを知った喜美子は、ショックを受けます。

ふか先生の衝撃の事実とは何なのでしょうか?

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク




スカーレット第9週51話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第9週第51話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
 

喜美子(戸田恵梨香)は妹・百合子(福田麻由子)の進路相談に同席することに。

進学したい百合子の気持ちを知り、反対する父・常治(北村一輝)の説得を試みる。

しかし厳しい家計の内情と、丸熊陶業の改革に伴う、常治と喜美子の仕事の先行き不安を理由に、常治は百合子の願いを受け入れない。

喜美子が百合子の夢を叶えられずに心痛めていると、八郎(松下洸平)から絵付け師・深野(イッセー尾形)に関する衝撃の事実を聞く。

 

スポンサーリンク


ふか先生の衝撃の事実とは?

 

幼馴染の照子の父で、丸熊陶業の社長が急逝しましたが、ようやく落ち着きを取り戻しつつありました。

 

喜美子は、進学したい百合子と、それを許そうとしない常治との間にいて、やりきれない思いを抱えていました。

 

そんな中、ふか先生の衝撃の事実を知ることになります。

 

それは、ふか先生が、丸熊陶業を辞めると言う事実でした。

 

世の中に電化製品が増えてきており、火鉢の需要も縮小すると、昭子の夫の敏春は考えていました。

 

そうなると、火鉢の絵付けの仕事も縮小せざるを得ません。

 

ですが、ふか先生の辞める理由は、火鉢の仕事が縮小することだけではありませんでした。

 

ふか先生は更に進化するために、新しい道を歩むことにしたのです。

 

すでに「師匠」となっているふか先生が、また新しいことを学ぶために、若い人の弟子になることにしたのでした。

 

ふか先生は、好奇心を失わず、プライドも失わず、謙遜で真面目な方ですね。

 


 

喜美子は、ふか先生の選択に深く感動すると思いますが、きっと私も同じ気持ちになると思います。

 

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

朝ドラ・スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!