4分間のマリーゴールドイメージ画像

4分間のマリーゴールド(ドラマ)7話ネタバレあらすじ:廉の恋はどうなる?


ドラマ『4分間のマリーゴールド』は福士蒼汰さんが主演のラブストーリーです。

主人公の花巻みことは、人の死が見えるという特殊な能力をもっています。

そして義理の姉の沙羅を愛しますが、彼女には1年後の誕生日になくなってしまうという運命が待ち受けています。

みことと沙羅の兄の廉の目の前に元カノが現れました。

未練がある廉はどうするのでしょうか。

そんな気になる第7話のあらすじをご紹介します。

 

4分間のマリーゴールドを今すぐ見る

スポンサーリンク




4分間のマリーゴールド第7話ネタバレあらすじ

 

『4分間のマリーゴールド』第7話。

 

花巻家でみことと沙羅の結婚パーティに藍が手料理を振る舞う。

 

その料理にみんな嬉しそう。

 

藍は勉強をしに図書館に出かけ、勉強中、目の前に座る同級生に話しかけるが、怒っているようだ。

 

その理由を聞くと、藍が自分の好きな料理を諦めて進学することを怒っていた。

 

しかし、藍は他人に言われたのと、廉に言われたのでは違うという。

 

その頃、花巻家は盛り上がっていたが、廉にメールが届き、廉はなにか考えて始めた。

 

藍は家に帰るが、進学することに不満だった。

 

そんな様子を見てみことは「人生は一度きりだから料理とか好きなことをしたら?」と言ってみる。

 

その時、廉がいそいそと出かける。

 

廉は元カノの千冬と待ち合わせをしていたのだ。

 

廉と千冬は、お互いの近況を話し合う。

 

千冬は実家の旅館を立て直し、結婚もしてうまくいっていると報告した。

 

自宅に帰って、廉は沙羅に元カノと会ったことを話した。

 

沙羅は元サヤに戻るのではと期待するが、廉はその可能性はないという。

 

翌朝、藍は廉に「やっぱり料理の道に進みたい」というが、廉は「それじゃ学歴が足りないだろ」と一蹴される。

 

その様子を見たみことが自分からも廉に話すというが、藍は「みこ兄は姉さんのことだけ考えていて」と笑顔でいう。

 

廉は職場で、「藍には苦労をさせたくないから進学させたい」と話す。

 

みことはそんな廉の気持ちを聞き、職場の仲間に子供の将来が心配か聞いてみると、やはり上司も心配だという。

 

その頃、藍は好きなことをする苦労を沙羅に聞いていた。

 

翌日、みことが帰ると沙羅がもうすぐ母親が帰ってくるという。

 

そこで2人は結婚を報告するつもりなのだ。

 

そして藍は試験を明日に控え、悩んでいた。

 

そこに同級生のことが声をかけてくる。

 

この前、怒っていたことを謝ってきたのだ。

 

そんな彼女に藍は自分が作った弁当を食べさせる。

 

自宅ではみことが廉に話をしていた。

 

どうして藍の進路にそんなにこだわるのかと。

 

すると廉は再婚した当時のことを話す。

 

すると、当時遊び歩いていた自分を遅くまで待っていてくれた父親のことを話してくれた。

 

その様子に安心したと言い、そこからまともに生きられるようになったという。

 

そして、今は自分が家長だから藍が一人前になるまで自分が支えないとと言う。

 

翌朝、藍は受験に出かける。

 

しかし、その顔には何か悩みがあるに見える。

 

そして藍は試験を受けずに帰ってきてしまう。

 

やはり大学でやりたいことがないから、料理の勉強がしたいと言い、試験会場に行きつつも会場に入らなかったのだ。

 

廉が何も話を聞いてくれないと藍がいうと、廉は怒り、藍に掴みかかる。

 

だが、みことがそれを止めに入り、廉は出て行ってしまう。

 

そのまま部屋に戻ろうとする藍に「自分の好きなことをするなら、これも自分で収めるのよ」と沙羅が言う。

 

廉は居酒屋で千冬に会い、藍が反抗してきたことを話す。

 

それを聞いて千冬はやりたいことを見つけ、どうしてもそれをやりたいという藍を褒めるが、廉は自分のいる意味がないという。

 

そして、酔いつぶれた蓮を千冬が自宅に送ってくる。

 

それを見て驚く花巻家兄弟。

 

そして千冬は廉が昔から藍のことを気にかけていたことを話し出す。

 

て沙羅は千冬に蓮と別れた理由を聞く。

 

すると、千冬は自分が旅館を継がないいけないので、廉に来て欲しいと言ったが、廉に家を離れられないと言われたからという。

 

廉は昔から家族が大事なのだ。

 

それを聞き、藍は反省しているようだった。

 

千冬が帰った後、藍は廉の寝顔を見る。

 

それを見つけ、みことは藍に「もう自分はチビ助じゃないことを教えれば」とアドバイスする。

 

翌朝、廉が起きると藍が朝食を作っていた。

 

そして藍は昨日の件を謝ってくる。

 

しかし、「どうしても後悔したくない、自分の一番好きなことを諦めたくない。料理が一番楽しいんだ」

 

「廉兄は俺のこと、心配かもしれないけど信じて欲しい」と訴える。

 

それを静かに聞く廉。

 

そして藍は廉におかゆを持ってくる。

 

飲みすぎた廉を思いやってのメニューだった。

 

そして、藍は学校に出かける。

 

藍の作ったお粥を食べながら、廉は涙する。

 

藍が帰宅するとリビングには廉とみことがいたが、みことは席を外す。

 

すると、廉が今からでも間に合う料理学校のパンフレットを藍に見せ、「ババアには俺が言っておく」と言ってくれた。

 

藍が、その嬉しさを沙羅に報告しに行くと、沙羅もかつて自分が勝手なことをして同じように言われたことを話す。

 

リビングでは廉とみことがビールを開けながら話す。

 

みことは「今度は廉兄に自分の思うように行きて欲しい」と言う。

 

それを聞いた廉は「そうだよな」と言い、突如、家を出て行く。

 

千冬に会い、ずっと忘れられなかったこと、今も好きなことを伝える。

 

その直後にタクシーを止め、今のは忘れろよという。

 

するち、千冬も「じゃあ、私も言う」と言い、実は自分は結婚していないと告白する。

 

そして、また連絡すると言い、千冬はタクシーに乗り込む。

 

廉はそれを聞き、嬉しそうだった。

 

その頃、自宅では絵に熱中していた沙羅が倒れる。




第7話はここでエンディングです。

スポンサーリンク


4分間のマリーゴールド第7話感想

 

家族のために自分を犠牲にしてきた兄の廉も、自分自身の幸せを追い求める気持ちになったようです。

 

藍も自分の本当にしたいことを廉に言うことができました。

 

自分たちの本当の気持ちを話し合えるようになったのは、みことの能力のおかげかもしれません。

 

ただ沙羅は、ついに倒れてしまいました。

 

とうとう運命が近づいてきたのでしょうか。

 

緊張してしまいます。

 
4分間のマリーゴールド視聴後あらすじ
・4分間のマリーゴールド第1話あらすじ
・4分間のマリーゴールド第2話あらすじ
・4分間のマリーゴールド第3話あらすじ
・4分間のマリーゴールド第4話あらすじ
・4分間のマリーゴールド第5話あらすじ
・4分間のマリーゴールド第6話あらすじ
・4分間のマリーゴールド第7話あらすじ
 

スポンサーリンク


4分間のマリーゴールドイメージ画像
最新情報をチェックしよう!