スカーレットイメージ画像

スカーレット74話ネタバレあらすじ:常治が余命宣告を受けた


朝ドラ『スカーレット』が第13週「愛いっぱいの器」第74話は、悲しいことに、常治は余命宣告を受けてしまいました。

家族は知らないフリをして生活しています。

そして、日々常治は弱っていきます。

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

スポンサーリンク

スカーレット第13週74話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第13週第74話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラ・スカーレットイメージ画像

 

余命宣告を受けた常治(北村一輝)が、マツ(富田靖子)と温泉旅行から帰ってくる。

喜美子(戸田恵梨香)を始め、家族は常治の病状を知っているが、何事もないよう気丈に振る舞う。

だが百合子(福田麻由子)は悲しみをこらえきれず、外で涙することも。

一方、喜美子は陶芸家として伸び悩む八郎(松下洸平)と些細なことからケンカ。

居合わせた常治にあきれられる。

そしてどんどん弱っていく常治を見かねた喜美子がある計画を実行。

 

スポンサーリンク

常治が余命宣告を受けた

 

あーん、常治ぃぃぃ、余命宣告を受けているとは・・・悲しすぎます。

 

お酒が好きで、破天荒で、夢なんか叶うことなんてない、と言いながらも、妻を愛し、娘たちを溺愛した常治がいなくなってしまうなんて・・涙

 

家族は、常治の病気について知らないふりをして、いつもと変わらないように過ごしています。

 

どちらも辛いですね。

 

悲しいので、常治をいっぱい貼っておきます。

 

 

 

 

奇跡が起きて、思い出枠に常治がはいりませんように。お願い!

 

 

スカーレットの動画視聴はこちらから

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

 

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!