スカーレットイメージ画像

スカーレット78話ネタバレあらすじ:ジョージ富士川、信楽に来る!


朝ドラ『スカーレット』が第13週「愛いっぱいの器」第78話は、喜美子が大阪時代にサイン会に行った世界的な芸術家のジョージ富士川が信楽にやってきます。

ジョージ富士川は、喜美子の家にやってきて、創作の実演をしてくれました。

ジョージ富士川の作品作りを見て、八郎と喜美子はそれぞれに自分自身の作品づくりに向き合います。

 

スカーレット動画と視聴後あらすじはこちら

スポンサーリンク

スカーレット第13週78話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第13週第78話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

八郎(松下洸平)の計らいでジョージ富士川(西川貴教)が川原家を訪れる。

ジョージと再会した喜美子(戸田恵梨香)は言葉を失うが、懸命にかつて自分が抱いた夢を語り始める。

そして照子(大島優子)たちも参加して、ジョージによる即興の創作実演が行われる。

その姿に刺激を受けた八郎はその後、作陶に没頭。さらに喜美子にも変化が。

土に向かいながら溢れる涙。

父の死以来、悲しみを抑え込んでいた喜美子が作品を生み出そうと…

 

ジョージ富士川、信楽に来る!

 

ジョージ富士川が信楽に来ましたが、喜美子は息子の武志が熱を出し、ジョージの講演会に行くことができませんでした。

 

ですが、八郎がジョージ富士川を家に連れてきてくれました。

 

 

喜美子は、大阪時代に、ジョージ富士川が講座を持つ美術学校に入学したいと考えていましたよね。

 

その思いも蘇ったのか、自分が抱いていた夢を彼に語りました。

 

そして、なんとジョージ富士川は、川原家で即興の創作実演をしてくれたのです。

 

ジョージ富士川の実演を見て、八郎も喜美子も創作意欲が沸き起こりました。

 

喜美子は、自分自身の作品を作らないと八郎やちや子さんに言っていました。

 

ですが、吹き出すように、自分の作品を作り始めます。

 

陶芸家・川原喜美子が誕生するのでしょうか。

 

それにしても、ジョージ富士川の影響力がすごいです!

 

本物の威力なんでしょうね。

 

 

スカーレット動画と視聴後あらすじはこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!