スカーレットイメージ画像

スカーレット91話ネタバレあらすじ:幼馴染3人組の変わらぬ絆


朝ドラ『スカーレット』が第16週「熱くなる瞬間」第91話は、八郎は銀座に下見に行きました。

その間に、照子と信作がそれぞれの現状を抱えてやってきます。

そして、3人で久しぶりにじっくり話し合います。

喜美子になにか気づきがあるのでしょうか。

 

スカーレット動画と視聴後あらすじ

 

スポンサーリンク

スカーレット第16週91話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第16週第91話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

八郎(松下洸平)が個展の下見のために東京に行っている間、作陶に精を出す喜美子(戸田恵梨香)。

三津(黒島結菜)と談笑していると照子(大島優子)が深刻な顔でやってくる。

さらに信作(林遣都)も駆けつけ、久しぶりに幼なじみ三人で一晩過ごすことに。

話題は照子の離婚危機から、信作の結婚予定などさまざま。

今だから言える本音が次々飛び出す。

童心に返った時間の中で喜美子は大阪に行く前に拾った信楽焼のカケラを思い出す

 

幼馴染3人組の変わらぬ絆

 

喜美子と照子、そして信作の幼馴染3人組の関係は、とってもうらやましいです。

 

それぞれがそれぞれの生活を営みつつも、お互い気にしつつ、いつもは何も言わない。

 

でも、なにか問題があると、必ず3人で集まって、弱くなった気持ちを修復したり、されたり。

 

干渉しないけど、いつも見守っている人がいるって、心強いですよね。

 

揺るがない芯のような関係。本当に羨ましい関係です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スカーレット動画と視聴後あらすじ

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!