スカーレットイメージ画像

スカーレット105話ネタバレあらすじ:7回目の窯焚きで炎が吹き出す


朝ドラ『スカーレット』が第18週「炎を信じて」第105話は、7回目の窯焚きは、2週間焚き続けます。

最終日には窯が崩れだし炎が吹き出しました。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第18週105話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第18週第105話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

2週間の窯焚(た)きを心配する八郎(松下洸平)に喜美子(戸田恵梨香)は感謝と挑戦する決意を告げる。

家族の協力も取り付け7回目の窯焚きが始まる。

信作(林遣都)や百合子(福田麻由子)が交代で薪入れを手伝い、照子(大島優子)も差し入れにやってくる。

迎えた最終日。薪入れの番をする喜美子はたまった疲れを隠せない。

そんな中、穴窯の壁が崩れて炎が噴き出す。

慌てて火を消そうとするマツ(富田靖子)を喜美子は止めて…

 

スポンサーリンク

スカーレット105話7回目の窯焚きで炎が吹き出す

 

八郎が心配する中、喜美子は2週間の窯焚きに挑戦します。

 

2週間も窯焚きをすると、窯が崩れてしまい火事になる危険があるのです。

 

八郎の心配通り、最終日に穴窯の壁が崩れてしまいました。

 

高温の炎が吹き出してきます。

 

喜美子は火を消そうとはせずに、もっと薪をくべていきます。

 

 

喜美子の気迫が炎に移ったかのようです。

 

これで、喜美子の望む色が出てくるといいですね。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!