スカーレットイメージ画像

スカーレット107話ネタバレあらすじ:武志は八郎に電話をかける


朝ドラ『スカーレット』が第18週「炎を信じて」第107話は、喜美子は八郎と話し合うことなく別れてしまいました。

一方、武志は八郎と手紙のやり取りを続けていました。

武志は、高校卒業後の進路に悩み、八郎に電話をかけます。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第18週107話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第18週第107話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

武志(伊藤健太郎)の作陶を見守る喜美子(戸田恵梨香)。陶芸家になりたいという武志の気持ちを感じ取り、喜美子は複雑な思いを抱く。

かつて穴窯での窯焚きを成功させたとき、その成果を見に来た八郎(松下洸平)に喜美子は声をかけられず別れることに。

その後、喜美子と八郎が会うことはなかった。

一方、武志は喜美子に内緒で八郎と手紙での交流を続けていた。

高校卒業後の進路に悩む武志は5年ぶりに八郎に電話をかけてみるが…

 

スポンサーリンク

スカーレット107話 武志は八郎に電話をかける

 

武志は八郎と5年も話をしていませんでした。

 

両親が険悪な状態というわけでもないのに、武志は板挟みになってしまったのでしょうか。

 

 

喜美子に内緒で手紙のやり取りをしているところを見ると、喜美子と八郎の両方に遠慮している感じがします。

 

子供が気を使わないといけないのは、かわいそうだな。

 

ですが、武志は八郎にずっと会いたかったのではないでしょうか。

 

武志は喜美子に黙って電話をかけ、きっと進路の相談に乗ってもらうのでしょう。

 

親子なのだから、当然のことです。

 

それにしても、八郎は、ずっと武志の成長をそばで見守っていたかったでしょう。

 

切ないです。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!