スカーレットイメージ画像

スカーレット108話ネタバレあらすじ:武志は八郎に会い猛勉強する


朝ドラ『スカーレット』が第18週「炎を信じて」第108話は、武志は喜美子に内緒にし、八郎に会いに行きました。

深夜まで帰ってこなかった武志に、喜美子はどこへ行ったのか問い詰めますが、武志は口を割りません。

そして、武志は猛勉強し、希望通りの進路に進みます。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第18週108話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第18週第108話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

武志(伊藤健太郎)は喜美子(戸田恵梨香)に内緒で八郎(松下洸平)に連絡をとり会う約束をする。

当日、武志の言動に違和感を覚えつつ見送る喜美子。

大野(マギー)や陽子(財前直見)に相談しても気分は晴れない。

喜美子は深夜まで武志を待って問い詰める。

だが武志は八郎と会ったことは伏せて、自ら決めた進路を告げる。

その日から猛勉強を始める武志。

1年後、努力の成果が出て、武志は喜美子に八郎と会った時のことを明かす。

 

スポンサーリンク

スカーレット108話 武志は八郎に会い猛勉強する

 

武志は八郎に電話をし、会いに行きます。

 

ですが、喜美子には内緒です。

 

八郎に会いに行く日、喜美子は武志の様子をおかしいと思いながらも、追求することはできずにいます。

 

武志は遅くまで戻って来ず、喜美子は心配します。

 

戻ってきたら来たで、どこに行っていたのか、何をしていたのか、誰と会っていたのかを追求します。

 

喜美子の追求は怖そうですね。

 

それでも、武志は八郎と会ったことは言いません。

 

そして、武志自身が決めた進路を喜美子に言います。

 

自分で決めた道ということで、武志は猛勉強し、その進路に進むことになります。

 

武志は、八郎と同じ大学に進学するのです。

 

そして、結果が出たことで、武志は八郎と会っていたことを話します。

 

武志がずーっと八郎に会いたかったという気持ちを、喜美子は見ないふりをしていたのではないかと思います。

 

うれしそうな武志の様子を見て、八郎の存在の大きさに気づくのではないでしょうか。

 

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図!

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!