スカーレットイメージ画像

スカーレット118話ネタバレあらすじ:八郎が川原家に宿泊!


朝ドラ『スカーレット』が第20週「もういちど家族に」第118話は、八郎が川原家にやってきます。

八郎は武志との約束があるのです。

それなのに武志が帰ってきたのは、八郎が帰らないといけない時間間近でした。

武志は八郎を引き止め、八郎は川原家に泊まることになります。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第20週118話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第20週第118話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

アンリ(烏丸せつこ)からパリ旅行に誘われた喜美子(戸田恵梨香)。

答えを保留していると、八郎(松下洸平)が武志(伊藤健太郎)との約束を果たすためにやってくる。

住田(田中美央)は元のさやに戻るのかと勘違い。

この日中に名古屋に戻る予定の八郎。

喜美子と共に武志の帰りを待つが、武志が合流する頃には、残された時間はわずか。

だが武志が懸命に引き留め、八郎は結局泊まることに。

武志は子供のようにはしゃいで語り始める

 

スポンサーリンク

スカーレット118話 八郎が川原家に宿泊!

 

八郎は、武志との約束を果たすために川原家にやってきます。

 

武志は次世代展に出品するよう言われていたので、その相談なのでしょうか。

 

武志の帰りを、八郎は喜美子と一緒に待ちますが、武志はなかなか帰ってきません。

 

ようやく武志が帰ってきたのは、八郎が帰らなければいけない時刻にかなり近づいたときでした。

 

武志は帰ろうとする八郎を必死に引き止めます。

 

そのかいあって、八郎は泊まっていくことになりました。

 

久しぶりの親子3人の夜に、武志は大喜びします。

 

武志にしたら、帰ってくると思っていた父親がいつの間にか離婚していて、苗字をもとに戻していたという悲しい現実がありました。

 

それって、武志には、全く関係ない話で、突然降り掛かった天災のようなものだったと思います。

 

誰からも自分の意見は聞いてもらえず、ただ受け入れるしかなかった。

 

子供だったからしょうがないけど、武志にとってはもやもやしたものが解消されないままずっと残っているのでしょう。

 

 

なので、久しぶりの親子3人の時間は、もうもとに戻らないにしても、戻るにしても、武志にとっては大切な時間ですよね。

 

武志は、ずっとその時間がほしかったのではないでしょうか。

 

もしかして、武志の策略??

 

喜美子は気持ちがどんくさいから、武志にしたらちょろいものかもしれません。

 

八郎は鋭そうで、そうでもないのかなあ。

 

武志の嬉しそうな顔を早くみたいです。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!