スカーレットイメージ画像

スカーレット119話ネタバレあらすじ:訪ねてきた意外な人物は誰?


朝ドラ『スカーレット』が第20週「もういちど家族に」第119話は、八郎が宿泊することになった夜、意外な人物が訪ねてきます。

その人物は一体誰なのでしょうか。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第20週119話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第20週第119話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

八郎(松下洸平)がやってきて、川原家に泊まることに。

喜美子(戸田恵梨香)が食事の準備をする間、武志(伊藤健太郎)と八郎は昔話で盛り上がる。

そこに意外な二人が訪ねてくる。

それはかつて八郎の弟子で、辞めさせられた腹いせに窃盗騒動を起こした二人。

八郎は二人の謝罪を受け入れ、喜美子は今も陶芸を続けているという二人に惜しげもなく、穴窯のノウハウを教える。

その後、ようやく親子三人で夕食を食べられると思いきや…

スポンサーリンク

スカーレット119話 訪ねてきた意外な人物は誰

 

八郎が川原家に宿泊することになりました。

 

八郎と過ごす夜は、武志には何年ぶりなのでしょうか。

 

20歳は過ぎている武志ですが、心はウキウキのようで、八郎と昔ばなしが盛り上がっていました。

 

夜だから盛り上がる話ってありますよね。

 

どんどん思い出してくることもあるでしょうし。

 

武志がずっと憧れていた時間なのではないかと思います。うー、涙。

 

ところで、そこに意外な人物が訪ねてきます。

 

それは、八郎の一番弟子の2人でした。

 

仲の悪かったあの2人。辞めるときに「めおとノート」を盗んでいったあの2人。そして、三津にボコボコにされた2人です。

 

 

当時ノートを盗んでいった彼らに「彼らには大したことを教えてあげられなかった」と同情していた八郎と喜美子。

 

あの当時は、2人は弟子間の闘争に勝つことに集中していましたよね。

 

ですが、2人で挨拶に来たところを見ると、それなりに仲良くなったようですね。

 

そして、陶芸も続けていました。

 

2人が「陶芸を続けている」事実は、八郎と喜美子をホッとさせるものがあったと思います。

 

色んな人に、自分は川原八郎と喜美子の弟子だったと、自慢しまくっているような気がします。

 

喜美子は穴窯について、2人の教えてあげました。

 

大人気陶芸作家のノウハウを知ることができるなんて、羨ましいことです。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!