スカーレットイメージ画像

スカーレット120話ネタバレあらすじ:喜美子が八郎をハグ!


朝ドラ『スカーレット』が第20週「もういちど家族に」第120話は、喜美子と八郎の態度がぎこちなく、武志は気まずいと言います。

それを解消するため、喜美子が八郎をハグ!

八郎と喜美子はどうなってしまうのでしょうか?

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第20週120話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第20週第120話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

久しぶりに親子三人で夕食を食べる直前、武志(伊藤健太郎)が気まずいと言い出す。

それを聞いた喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)に他人行儀な態度をやめて、普通にしようと提案。

喜美子は自ら実践するため、あえて八郎をハグするが、逆に意識してしまう。

動揺する喜美子に対して、八郎が辞めてしまった陶芸への思いを口にする。

冷静になった喜美子は八郎に新たな提案をする。聞いていた武志が二人の会話に割って入り…

 

スカーレット120話 喜美子が八郎をハグ

 

喜美子と八郎、そして武志親子3人の夕食は何年ぶりなのでしょうか。

 

特に喜美子は未練のある状態であるのは明らかです。

 

一生懸命自分の気持を抑えようとしてますからね。

 

そして、喜美子はいつもどおり自分からアクションを起こします。

 

そのアクションとは、八郎をハグすることでした。

 

 

ただ、ハグして、ぎこちなさが無くなるわけがなく、なんといっても、まだ喜美子は八郎のことが好きなのだから、余計に意識してしまいます。

 

それにしても、自分の両親が、お互いにドキドキしている様子を見る息子って、どんな気分なのでしょうか?

 

武志の場合は、元の鞘に収まってほしいと願っていると思います。

 

そう思っていても、目の前で繰り広げられる男と女の駆け引きのような状態は 、どうしたら良いのかわからないですよね。

 

でも、喜美子に助け舟を出したのは、八郎でした。

 

八郎は陶芸を辞めてしまったのですが、その陶芸への思いを語るのです。

 

そういえば、三津のときも、八郎が三津の気持ちを理解しながら、さりげなく話をそらしていましたよね。

 

空気を読む人=八郎

 

 

喜美子と八郎は、どんな道を選ぶのでしょうか?

 

このまま別々の道を歩くのでしょうか?

 

それとも手を取り合って歩いていく道を選ぶのでしょうか?

 

できれば、一緒に歩く道を選んでほしいです。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!