スカーレットイメージ画像

スカーレット122話ネタバレあらすじ:百合子が信作の女性遍歴を話題に


朝ドラ『スカーレット』が第21週「スペシャル・サニーデイ」第122話は、信作と百合子が店番をしているカフェ・サニー。

敏春のした話から、百合子が信作の恋愛遍歴の話を始めます。

信作はしてほしくないようですが、百合子はお構いなし。

険悪な雰囲気になってしまうし、どうなっちゃうのでしょうか。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第21週122話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第21週第122話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

両親が不在の間、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)がカフェの店番をすることに。

信作はコーヒーの淹れ方も知らず、前途多難な予感。

そこに最初の客・敏春(本田大輔)がやってくる。

出張帰りだという敏春はかつて信作が計画した「お見合い大作戦」の話を持ち出し、話題は信作の恋愛遍歴に。

信作はいい顔をしないが、百合子はお構いなしで話を続け、二人の間に険悪な空気が流れる。

すると敏春が場を和ませようと照子の話を…

 

スポンサーリンク

 

スカーレット122話 百合子が信作の女性遍歴を話題に

 

忠信と陽子が孫を連れて温泉旅行へ行っている間、信作と百合子が喫茶サニーの店番を任されています。

 

2人は新婚時代から親と同居なので、2人だけで家にいるというのは、珍しいのではないでしょうか。

 

その2人が店番中の最初のお客さんは、照子の夫の敏春でした。

 

敏春は、信作が若い頃に計画した「お見合い大作戦」の話を始めます。

 

この「お見合い大作戦」でカップルになったのは、発起人の信作だけだったというのは有名な話。

 

このときは、女性から言い寄られ信作は付き合うことになりました。

 

これ以前もこれ以後も、信作は言い寄られお付き合いを始め、喜美子と八郎が結婚した頃には「信作と13人の女達」と言われるほどの恋愛遍歴がありました。

 

 

 

でも、なんというか「恋愛遍歴」というほど、信作がプレイボーイだったとは思えません。

 

なんとなく「プレイボーイ」というと、「女性を口説くのが得意」と言うイメージですが、信作の場合「受け身」なんですよね。

 

モテモテなのに、女性の扱いを知らないという・・・謎な魅力です。

 

百合子に対しては、積極的でしたけどね。

 

 

そして、恐れを知らない百合子は、信作が嫌がっているのに「信作の女性遍歴」を語りだします。

 

百合子は女性と別れる時のだしにも使われていますからね、まったくお構いなしです。

 

それにしても、百合子以前に信作がお付き合いした女性は、最終的に何人になっていたのでしょうか?

 

だんだん信作と百合子が険悪な空気になっていく中、ついに敏春が和ませようと照子の話を始めます。

 

でも、敏春さんって、仕事以外のことはちょっと不器用・・・

 

うまく空気を変えることができるのでしょうか。

 

この回、結構神回になるのではないでしょうか。楽しみです〜

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!