スカーレットイメージ画像

スカーレット127話ネタバレあらすじ:喜美子と八郎の新しい関係は順調


朝ドラ『スカーレット』が第22週「いとおしい時間」第127話は、喜美子と八郎は新しい関係を構築中です。

まずは武志を挟んで、武志の両親として穏やかな関係を築こうとしています。

武志も嬉しいのではないでしょうか。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第22週127話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第22週第127話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)をはさんで八郎(松下洸平)との新たな関係を築こうとしていた。

三人で食事もする穏やかな毎日。

ある日、信作(林遣都)から観光客向けの陶芸教室の開催を頼まれる喜美子。他の教室が急にできなくなり、代わりに頼まれたのだ。

信作は内心、陶芸家として活躍する喜美子にお願いするのは申し訳ないと思っているが、喜美子は意外な反応。

一方、武志は心惹かれた亜鉛結晶の作品作りに挑戦。

 

スポンサーリンク

 

スカーレット127話 喜美子と八郎の新しい関係は順調

 

喜美子と八郎は、穏やかな関係を築きつつありました。

 

八郎も喜美子も、辛い別れを吹っ切れたのかも知れないですね。

 

それは、新人賞の作品を壊したからなのでしょうか。

 

大好きな女性を思い作った大皿を割ってしまったことは、八郎にとっては、とても大きなことだったんですね。

 

壊すことで、心に平穏が訪れる。

 

八郎はそれで救われたのですから、もったいないなんて外野が言うことではないですね。

 

でも、きれいな色の大皿だったので、ちょっともったいなかったなあ。

 

 

喜美子と八郎と武志の親子3人は、それぞれ自分が歩みたい道をあるき出しました。

 

本当に幸せな日々。

 

これが長く続くといいのですけども、この先も色々ありそうです。

 

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!