スカーレットイメージ画像

スカーレット22週136話ネタバレあらすじ:武志は病気と向き合えない


朝ドラ『スカーレット』が第23週「揺るぎない強さ」第136話は、喜美子は、武志の病気を家族に話すことにします。

ですが、武志は病気に向き合うことができず、それを拒否します。

武志はどうなるのでしょうか。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第23週136話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第23週第136話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

武志(伊藤健太郎)が応募した次世代展の結果発表の日、喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)や直子(桜庭ななみ)らを集め食事会を計画する。

お祝いと同時に、まもなく入院する武志の病気も打ち明けるつもりだと告げると、武志は伝えたくないと拒否。

喜美子は医師の大崎(稲垣吾郎)に電話し、助言を受ける。

一方、窯業研究所では検査入院を報告した武志を掛井(尾上寛之)が励ます。

夜になって家族が集まるも武志の姿はなく…

 

スポンサーリンク

 

スカーレット136話 武志は病気と向き合えない

 

武志は、ついに自分の病気の名前を知りました。

 

「慢性骨髄性白血病」・・・重い病名です。

 

喜美子は、武志の病気と戦うことを決意します。

 

それは「骨髄ドナー」を見つけることでした。

 

そのためには、武志とタイプの合うドナーを見つけなければいけません。

 

それは、大勢の人に知らせるという意味も持っています。

 

日本政府の公式広報サイトの「骨髄バンク」のページには次のような説明がありました。

 

骨の内部にある「骨髄(こつずい)」というスポンジ状の組織で、その中には赤血球や白血球、血小板といった血液細胞のもとになる「造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)」が多く含まれています。

造血幹細胞移植を行うには、提供する方と患者さんのHLA型が適合している必要があります。しかし、その確率は兄弟姉妹間でも4分の1、血がつながっていない非血縁者(他人)間になると数百~数万分の1と極めて低いため、近親者にHLA型の適合者がいない場合に、患者さんが独力でドナーを探すことは至難の業です。

 

現在では、「骨髄バンク」がありますが、この当時はありませんでした。

 

この「骨髄バンク」の礎を作ったのが、喜美子のモデルの神山清子さんなのです。

 

喜美子は、これから必死で武志とタイプの合うドナーを探すのだと思います。

 

また、もし見つかったとしても、その人がドナーになってくれるかどうかはわかりません。

 

きっと今よりドナー側のリスクも大きかったはずです。

 

いくつもの困難が喜美子と武志の前には待ち受けています。

 

応援しなければ!!

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

 

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!