スカーレットイメージ画像

スカーレット24週139話ネタバレあらすじ:喜美子がドナー検査を受ける


朝ドラ『スカーレット』が第24週「小さな希望を集めて」第139話は、武志のために喜美子はドナー適合検査を受けました。

残念ながら、結果は合致しませんでした。

そして、武志の周りの人たちがみんなドナー適合検査を受け始めてくれます。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第24週139話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第24週第139話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

武志(伊藤健太郎)のためドナー適合検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)だが、白血球の型が一致せずドナーになれないことが判明。

落ち込む喜美子は大崎(稲垣吾郎)から同じ病を抱える患者と家族の会の話を聞くも、父親である八郎(松下洸平)の検査にかすかな望みをかける。

照子(大島優子)や信作(林遣都)の家族も検査を受けてくれることに。

そんな中、ちや子(水野美紀)から連絡が。

一方、武志は病を友人たちに明かしたところ

 

スポンサーリンク

 

スカーレット139話 喜美子がドナー検査を受ける

 

喜美子は武志のためにドナー適合検査を受けました。

 

ですが、大崎先生が言っていたように、喜美子の白血球は武志とは合いませんでした。

 

 

八郎はすでに検査を受け結果待ち。

 

そして、照子の家族も、信作の家族も、みんながドナー適合検査を受けてくれることになりました。

 

周りの人たちの武志への気持ちがとても温かくて、つらい状況の中でもホッとできます。

 

そんな中、大崎先生は、「白血病の患者と家族の会」とつながるように喜美子にアドバイスしてくれます。

 

喜美子はまだ乗り気ではないようですが、気持ちを共有できるのは、同じ共有の人たちですよね。

 

周りの人たちは支えたくても、喜美子の悲しみの深さや戸惑いなどは共有できません。

 

気持ちを共有できる人と早くつながって、喜美子の前を向く力になればいいなと思います。

 

あ、でも八郎とは共有できますね!

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

 

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!