スカーレットイメージ画像

スカーレット24週144話ネタバレあらすじ:武史のドナーが見つからない


朝ドラ『スカーレット』が第24週「小さな希望を集めて」第144話は、武史の友達、宝田学と永山大輔は、ドナー探しに奔走しますが、見つかりません。

そのことに友達は落ち込みます。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第24週144話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第24週第144話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

秋になり、喜美子(戸田恵梨香)は穴窯の準備に忙しい。

武志(伊藤健太郎)の闘病が続く中、友人たちがドナー探しに奔走するも、未だ見つからない。

落ち込む友人たちに八郎(松下洸平)は武志の思いを密かに告げる。

体調が芳しくなく、アルバイトを辞めた武志はより一層、陶芸に情熱を燃やす。

やがて窯焚きが終わり、喜美子も見守る中、作品を取り出してみると…

一方、直子(桜庭ななみ)がスッポンを買って食べようとするが来客が

 

スポンサーリンク

 

スカーレット144話 武史のドナーが見つからない

 

武志の闘病は続いています。

 

いままでと同じように日々生活したいと考えている武志ですが、体調が良くないので、アルバイトは辞めました。

 

武史の友達の宝田学と永山大輔は、ドナー探しに奔走してくれているようです。

 

全国骨髄バンク推進連絡協議会の公式サイトによると、ドナーの適合率は次のとおりです。

 

HLA型の適合率は、兄弟姉妹で4人に1人(25%)と言われており、血縁関係がないと数百万人から数万人に1人の確立とされています。

公式サイト:https://www.marrow.or.jp/bank/marrow.html

 

適合率が「数百万人から数万人に一人」って、合う人がいたら奇跡って感じです。

 

「藁山の中から針を探す」ような途方も無い状況です。

 

学と大輔が気落ちしてしまうのも当然のことです。

 

まったく先が見えないことを、やり続けるほどの強い信念を持ち続けることは、簡単なことではありませんよね。

 

しかも、武志には、たっぷり時間があるわけではありません。

 

焦りが出てきて、これがまた気持ちを揺らがせる原因にもなります。

 

ですが、学と大輔の活動がのちのち「骨髄バンク」につながっていくのではないかと思います。

 

喜美子のモデルの神山清子さんは、「骨髄バンクの設立」に尽力されました。

 

武史の周りの大勢の人が、武志のために白血球の適合検査を受けてくれたことで、骨髄バンクへの地盤が少しづつ固められていったのでしょう。

 

少しでも大勢の人が登録していれば、それだけ白血球が適合する人を見つかる確率も高くなりますよね。

 

武志と白血球が合う人が見つかるよう祈っています!!

 

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

 

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!