スカーレットイメージ画像

スカーレット25週145話ネタバレあらすじ:武志が感情を爆発させる


朝ドラ『スカーレット』が第25週「炎は消えない」第145話は、武志が八郎と喜美子に気持ちを爆発させます。

怒り、悲しみ、不安・・いろいろな感情が、もう目いっぱいになってしまったのでしょう。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第25週145話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第25週第145話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

武志(伊藤健太郎)は念願の作品を完成させる。

その出来と充実した武志の表情に喜美子(戸田恵梨香)も喜ぶ。

しかし達成感を味わう武志に異変が起きていた。

通院して大崎(稲垣吾郎)に薬の副作用で味覚がおかしいと告げる武志。

家では八郎(松下洸平)が武志の作品完成を祝おうと食事を準備中。

だが武志は八郎に突っかかり、やり場のない感情を初めて爆発させる。

実は闘病していた高校生が亡くなる前に書いた手紙を受け取っていた

 

スポンサーリンク

 

スカーレット145話 武志が感情を爆発させる

 

武志は、思っていた通りの作品を完成させました。

 

武史の満足げな表情に、喜美子は喜びます。

 

ですが、一方で武史の体には、異変が起きていました。

 

味覚がおかしくなっていたのです。

 

家族で武史の作品の完成を祝う会をしようと、食事を準備していると、武志がいままで見せなかった感情を爆発させます。

 

あくまでも冷静さを保とうとしていた武志も限界でした。

 

考えてみれば、喜美子は照子に感情を爆発させていました。

 

 

それなのに、武志はずーっと周りに気を使ってばかり。

 

 

 

武志は、友達に余命の話をしていても、なんとか場を和ませようとしていました。

 

ずっと怖くて、悲しくて、理不尽さに怒りがこみ上げていたでしょうに。

 

武志は、どこかで自分のほんとうの気持ちを吐き出さないといけなかった。

 

それを親にぶつけられたのは、きっといいことだったと思う。

 

八郎も喜美子も、武志に感情をぶつけてほしかったと思う。

 

それで良かったんだと思う。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

 

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!