スカーレットイメージ画像

スカーレット25週149話ネタバレあらすじ:草間やジョージが陶芸展にやってくる


朝ドラ『スカーレット』が第25週「炎は消えない」第149話は、陶芸展には、喜美子と武志が親子で出品しました。

開催日には、八郎を始め、家族や、草間、ジョージ富士川までもが来てくれました。

穏やかな日常を、喜美子は噛み締めます。

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第25週149話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第25週第149話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

信作(林遣都)が企画した信楽のみんなの陶芸展が開催。

喜美子(戸田恵梨香)と武志(伊藤健太郎)はそれぞれ作品を出品。

八郎(松下洸平)も来て、家族で見に行くことに。

会場には知らせを受けた草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)の姿。ジョージ富士川(西川貴教)もやってくる。

武志はジョージのワークショップに参加。

喜美子は見守りながら、武志と過ごす日常をかみしめる。

そして喜美子は武志や仲間を連れてびわ湖へ。

スポンサーリンク

 

スカーレット149話 草間やジョージが陶芸展にやってくる

 

信作が企画した陶芸展には、喜美子と武志が2人共出品しました。

 

八郎も一緒に親子3人で、展覧会会場に行くと、大勢の知り合いが来てくれていました。

 

その中には、草間さんやジョージ富士川もいました。

 

 

 

みんな武史の病気のことも踏まえ、さりげなく喜美子を励ましに来てくれたのだと思います。

 

どんなときにも支えてくれる人が周りは、悲劇の中にもかけがえのない幸せを感じる「もと」ですね。

 

武史の状態がだんだん悪くなっている中、喜美子は武志の死を考えない日は無いと思います。

 

武史の回復を信じつつも、それが叶わなかった時の気持ちの保険はかけてしまうと思うんですよね。

 

自分の子供が死に直面していて、それをどうにもできない状態って、想像を絶するストレスがかかると思います。

 

さらに本当にその日を迎えてしまったら、苦しくて息ができなくなるほどだと思います。

 

それでも、支えてくれる人達がいれば、少しはショックやストレスを軽減できるのではないでしょうか。

 

喜美子の今までの生き方が、周りの人に喜美子を支えたいと思わせているのでしょう。

 

喜美子みたいに一生懸命生きないといけないですね。

 

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

 

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!