スカーレットイメージ画像

スカーレット25週最終回150話ネタバレあらすじ:2年後の喜美子と武志は?


朝ドラ『スカーレット』が第25週「炎は消えない」第150話は、陶芸展のあと、喜美子と武志は仲間たちと琵琶湖にでかけます。

その2年後、大崎先生が、喜美子のもとで作品作りをしています。

武志はどうなっているのでしょうか?

 

スカーレット動画はこちら

 

スポンサーリンク

スカーレット第25週150話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』第25週第150話のあらすじをまずご紹介します。

 

スカーレットイメージ画像

 

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。

武志は闘病しつつ作陶を続け、側で喜美子も陶芸に励む日々。

喜美子は武志との時間を大切に過ごしながら、ふと武志に問いかける。

喜美子に強く抱きしめられる武志。

2人は幸せを胸に刻む。二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。

作品作りに挑戦する大崎。

そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて…

スポンサーリンク

 

スカーレット150話 2年後の喜美子と武志は?

 

信作が企画した陶芸展のあと、喜美子は武志と周りの人たちと一緒に琵琶湖に行きました。

 

信楽にはじめてきたときに海だと思った琵琶湖。

 

その琵琶湖に行き、喜美子は気持ちを新たにします。

 

そして、その2年後、大崎先生は喜美子のもとで、以前言っていたように、大皿を作ります。

 

クールで、シュシュシュとした模様のついた大皿に挑戦です。

 

予告で流れた様子では、クールな模様に出来上がっていないような気がします。

 


予告のあらすじでは、武志が2年後どうなったかについては触れられていません。

 

ですが、大崎先生と喜美子がとても楽しそうなので、武志にも明るい未来が訪れたのだと信じたいです。

 

喜美子がどんなに前を向いて生きていたとしても、さすがに最愛の息子の死で、『スカーレット』が終わるのは悲しすぎます。

 

武志が陶芸家として 独り立ちしている様子がみたいです!

 

前後のあらすじはこちらからご覧ください。

 

スカーレット動画はこちら

 

『スカーレット』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

スカーレット(朝ドラ)キャスト登場人物一覧!あらすじと相関図

 

スポンサーリンク

スカーレットイメージ画像
最新情報をチェックしよう!