朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)1週4話ネタバレあらすじ:祖父母役の森山周一郎と三田和代とは


朝ドラ『エール』第1週「初めてのエール」第4話は、裕一は母のまさと一緒に、母の実家を訪ねます。

母の実家では、祖父の権藤源蔵と祖母の八重、そして伯父の茂兵衛が待っていました。

祖父の権藤源蔵の役と、祖母の八重役を演じる俳優は、森山周一郎さんと三田和代さんです。

ベテラン俳優のお二人の出演が楽しみです。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第1週4話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第1週4話のあらすじをまずご紹介します。

 

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

裕一(石田星空)は小学5年生になり、音楽教育に力を入れる藤堂先生(森山直太朗)が担任になる。

ある日、藤堂先生が北原白秋の詩に曲をつける宿題を出す。

クラスメートの佐藤久志(山口太幹)は、普段から西洋音楽を聴いている裕一ならきっと作曲できると言う。

裕一は母・まさ(菊池桃子)と、川俣にある母の実家を訪ねる。

祖父の権藤源蔵(森山周一郎)と祖母の八重(三田和代)、伯父の茂兵衛(風間杜夫)が出迎えるが…。

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)4話 祖父母役の森山周一郎と三田和代とは

 

古山裕一の母のまさの実家である権藤家は、伯父の茂兵衛が銀行家をやっているくらいですから、かなり裕福で家柄の良い家だと思われます。

 

そもそも裕一の父の三郎も、老舗呉服屋の跡取りだったわけですから、裕一の両親は、名家同士の婚姻だったのでしょう。

 

もしかしたら、お見合いだったのかもしれません。

 

まさの父の権藤源蔵役、母の八重役を演じるベテラン俳優はどなたなのでしょうか?

 

祖父の権藤源蔵役は森山周一郎さん

 

まず、権藤源蔵役を演じているのは、森山周一郎さんです。

 

声優としても活躍された低音が魅力のベテラン俳優です。

 

森山周一郎画像

 

森山周一郎さんといえば、ジブリ映画『紅の豚』の主人公「ポルコ・ロッソ」の渋い声を思い出す方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、60代以上の方たちは、海外ドラマ『刑事コジャック』の主演のテリー・サバラスの声が浮かぶかも知れません。

 

 

渋い声の森山周一郎さんなので、権藤源蔵は、威厳のあるおじいさんになるのではないかと予想します。

 

生年月日:1934年7月26日
出生地:愛知県名古屋市
身長:173cm
血液型:A型

 

 

祖母の権堂八重役は三田和代さん

 

そして、祖母の八重役は、三田和代さんです。

 

三田和代画像

 

三田和代さんは、舞台をメインに活動されています。

 

 

 

生年月日:1942年11月20日
出生地:大阪府大阪市

 

三田和代さんが、テレビに出演されることは少ないのですが、なんと息子の権藤茂兵衛役の風間杜夫さんと共演されていました。

 

そのドラマ作品は、2001年4月から6月までNHKで放送された『陰陽師』です。

 

主人公の陰陽師は、稲垣吾郎さんです。

 

そのドラマの第6話のゲストとして、三田和代さんと風間杜夫さんが出演されていました。

 

 

DVDも出ていますが、現在は中古しかないようですね。

 

アマゾンでの値段がかなり強気です・・

 

 

 

 

『エール』で、森山周一郎さんと三田和代さんは、主人公の祖父母の役で登場します。

 

緊張感のあるシーンになるのではないかと楽しみです。

 

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!