朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)2週8話ネタバレあらすじ:音はオペラ歌手双浦環に出会う


朝ドラ『エール』第2週「運命のかぐや姫」第8話は、関内音は、ことを演奏するために行った教会で、オペラ歌手の双浦環(ふたうら たまき)の歌を聞きます。

美しい歌声と双浦環の姿に、音は自分の夢を見つけます。

その双浦環役を演じるのは、柴咲コウさんです。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第2週8話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第2週8話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

父・安隆(光石研)と琴を演奏するために教会に向かった音(清水香帆)は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)の歌を聞いて、その姿に釘付けになる。

環と話した音は、すっかり夢見心地。自分も歌を習いたいと言い始める。

それからは吟(本間叶愛)や梅(新津ちせ)が不思議に思うほど、学芸会の練習に一生懸命取り組む音だったが、ある日関内家に思いもよらない出来事が勃発する。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)8話 音はオペラ歌手双浦環に出会う

 

関内音は、学芸会の出し物「竹取物語」の主役ができると思っていましたが、思い通りになりませんでした。

 

くさっていた音でしたが、父の言葉でやる気を出します。

 

「もし音のする役を誰かが嫌々ながらにやっていたら、どんな気持ちになるだろう」

 

当然嫌な気分になりますし、一所懸命やってほしいと思うはずです。

 

音の父の安隆は、そのことを音に気づかせてくれました。

 

とてもステキなお父さんですね。

 

話している間に、音が演奏するはずの琴の演奏会の時間が過ぎてしまいましたが、音と安隆は演奏会の会場へ向かいました。

 

そこで耳にしたのは、オペラ歌手の双浦環の歌でした。

 

双浦環は、佇まいも歌声も美しい人で、音は一瞬にして心を奪われてしまいます。

 

エール双浦環役柴咲コウ画像

 

双浦環役を演じるのは、柴咲コウさんです。

 

美しく品のあるオペラ歌手役にぴったりだと思いました。

 

柴咲コウさんといえば、歌手としても活躍されています。

 

ドラマの中で、柴咲コウさん自身が歌われていると思うので、歌声も楽しみです!

 

 

さて、双浦環と音は、東京の音楽学校で再会します。

 

音がどれだけ感激するのだろうとやや心配してしまいます。

 

興奮して大騒ぎするか、あまりのことに言葉を失うかも知れないですね。

 

なんだか可愛いシーンになるような気がします。

 

そして、双浦環は、古山裕一にも大きな影響を与える存在になります。

 

素晴らしい歌い手との出会いで、なにかインスピレーションが湧くのでしょうか。

 

とっても楽しみです!

 

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!