朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)4週16話ネタバレあらすじ:裕一は再び作曲に向き合う


朝ドラ『エール』第4週「君はるか」第16話は、古山裕一は1年間も失恋の痛手を引きずっていました。

そんなとき村野鉄男が「国際作曲コンクール」の話を持ってきます。

心の傷を癒やすのはやはり音楽。

裕一は作曲に再び取り組みます。

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第4週16話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第4週16話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

裕一(窪田正孝)は1年前の失恋を引きずって、黙々と仕事を続ける日々を続けていた。

銀行の仲間たちは、そんな裕一の様子に気をもんでいたが、叔父の茂兵衛(風間杜夫)は裕一が心を入れ替えて仕事に身を入れ始めたと聞いて、やっと養子として皆に紹介できると安堵していた。

一方、裕一の幼なじみで新聞社に勤める鉄男(中村蒼)は、ある日、取材のために渡された雑誌で、「国際作曲コンクール」のことを知る。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)16話 裕一は再び作曲に向き合う

 

古山裕一は志津への失恋を1年たった今もまだ引きずっていました。

 

裕一という人は、気持ちを切り替えるのが下手な人なんですね、きっと。

 

裕一の気持ちが変わるときは、必ず”外圧”があるような気がします。

 

 

 

なので、”外からの刺激がない”と”現状維持”を続けてしまいます。

 

関内音に出会ったあとは、前しか向いていないともいえる音が、裕一を動かす力になったのだと思いますが、まだ2人は出会っていません。

 

今回失恋の痛手から立ち直るために裕一に圧力を与えてくれたのは、村野鉄男でした。

 

新聞記者の鉄男は、「国際作曲コンクール」の情報を知り、それを裕一に教えてくれたのです。

 

鉄男に再会したこと、

鉄男が新聞社に勤めていたこと、

そして、鉄男が裕一の音楽の才能を認めその道に進むべきだと考えていてくれたことが、裕一にとって最高の情報を得るチャンスをもたらしてくれました。

 

鉄男さまさまです。

 

もちろん裕一の圧倒的な音楽の才能があることは前提になりますが。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しす。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!