朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)4週17話ネタバレあらすじ:歌の先生・御手洗清太郎役は古川雄大


朝ドラ『エール』第4週「君はるか」第17話は、豊橋にいる関内音は、熱心に詩の勉強をしています。

音の歌の先生は御手洗清太郎で、ドイツ留学の経験があり、かなり独特な人。

その御手洗清太郎役を演じるのは、古川雄大さんです。

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第4週17話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第4週17話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

幼なじみの鉄男(中村蒼)が教えてくれた「国際作曲コンクール」。

銀行仲間の励ましもあり、裕一(窪田正孝)はコンクールに向けて交響曲の作曲に挑戦してみることにするが、音楽から離れていた2年のブランクは予想していたよりも長く、まったく曲を書けずに苦悩する日々が続いていた。

一方、豊橋ではのちに裕一の運命の人になる音(二階堂ふみ)が、姉の吟(松井玲奈)からお願いされて、お見合いの席にのぞんでいた…。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)17話 歌の先生・御手洗清太郎役は古川雄大

 

古山裕一が再び作曲に取り組み苦悩していた頃、音は歌のレッスンに通ったり、お見合いをしたりと忙しく過ごしていました。

 

音の歌の先生はドイツ帰りの御手洗清太郎先生でした。

 

エール御手洗清太郎役古川雄大画像

 

どこか妖艶な雰囲気も漂う御手洗清太郎を演じるのは、古川雄大さんです。

 

読み方:ふるかわ ゆうた
生年月日:1987年7月9日
出生地:長野県
身長:182 cm
血液型:A型

 

古川雄大さんは、趣味が「ジャズダンス・クラシックバレエ・ギター・作詞・作曲・卓球」です。

 

古川雄大さんの興味は、ほぼ音楽に向いていますね。

 

とくにダンスはすばらしいらしいのですが、『エール』は歌の先生なので、ダンスの披露はなさそうです。

 

多数の舞台に立ち、『エリザベート』では、朝ドラ『エール』に出演されている山崎育三郎さんと同じ役をされています。

 

 

 

さらに舞台だけでなくテレビドラマの出演も続いています。

 

2020年1月から放送された『トップナイフ』では、主人公たちが行きつけのバーの訳ありマスターを演じました。

 

 

『トップナイフ』の古川雄大さんは、やけにチャラいです。

 

朝ドラ『エール』で、御手洗清太郎の音への歌の指導は厳しいのか、優しいのか気になりますが、なんといっても、優美な身のこなしは見れそうです。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!