朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)7週33話ネタバレあらすじ:裕一はカフェーで楽しむ


朝ドラエール』第7週「夢の新婚生活」第33話は、書いた曲が採用されずに落ち込んでいる裕一を、同じ作曲家の木枯正人がカフェーにつれていきます。

そこで、裕一は楽しい時間を過ごすのでした。

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第7週33話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第7週33話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

契約から半年、相変わらず裕一(窪田正孝)のつくった曲が採用されないなか、先に同期の木枯(野田洋次郎)の曲がレコードになると聞いて、裕一は複雑な気分になる。

一方の木枯も、レコーディングで自分の思ったようにならず不機嫌な様子。裕一を連れて気晴らしに夜のカフェーにやってくる。

女給たちの接客を受けて動揺する裕一だったが、木枯は「大衆が求める歌を作るには、大衆を知らなきゃ始まらない」と話す。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)33話 裕一はカフェーで楽しむ

 

古山裕一は、コロンブスレコードと専属契約を結んでから半年たっても、曲を出すことができずにいました。

 

当然焦る気持ちが溜まっていきます。

 

そんな裕一を木枯正人が「カフェー」に誘います。

 

この当時の「カフェー」は、女性が席に一緒についておしゃべりしたりする今でいうとキャバクラみたいな場所でした。

 

朝ドラでは『とと姉ちゃん』では、良家のお嬢様だった綾さんが、戦後生活のために働いている描写がありました。

 

『エール』では、まだ戦争は起きていませんが、「カフェー」は、男の遊び場でした。

 

 

 

 

裕一は、当然初めて行った場所で、最初はドキドキしたようですが、そのうちすっかり楽しいひと時を楽しみました。

 

しかし、裕一は妻帯者。

 

音にバレたらちょっとやばいのではないかと思います。

 

妻は夫の気持ちの変化に敏感ですから、音は裕一の変化に絶対に気づくはず!

 

裕一は大丈夫なの?

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しす。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!